「広島7−4ヤクルト」(17日、呉市二河野球場)

 広島のサビエル・バティスタ外野手が、今季1軍初昇格を安打で飾った。

 「6番・一塁」でスタメン出場すると、先頭打者で迎えた二回無死から左翼線を破る二塁打を放った。今季、初打席で放った初安打をきっかけに打線がつながり2点。コンパクトなスイングでチャンスメークし、「点につながるヒットになって良かったよ」と白い歯をのぞかせた。

 三回と五回の打席では、打ち気を我慢して四球をゲット。六回1死満塁では初球を打ち上げ三飛に倒れた。この日は2打数1安打2四球だった。好機での凡退は悔しさが募るが「バットは振れている。それは良いこと」と前を向いた。

 バティスタは、2月21日・ロッテとの練習試合(コザ)で左手に投球を受け、沖縄市内の病院で「左第5中手骨骨挫傷」と診断された。キャンプ終盤は別メニュー調整を余儀なくされ、開幕も2軍で迎えた。4月15日のウエスタン・中日戦(廿日市)で2本塁打を放つなど調子を上げ、この日1軍出場選手登録された。