「広島1−7巨人」(14日、マツダスタジアム)

 広島・岡田明丈投手が4月11日・ヤクルト戦以来約4カ月ぶりに登板し、1/3回を1安打2四球3失点。試合後に2軍降格が決まった。

 1−4の九回に4番手として登板。先頭の坂本勇に四球を与え、続く丸は空振り三振に取ったが、岡本に左越えの適時二塁打を許した。なお1死二、三塁で山本に四球を与え、交代を告げられた。

 前日に再昇格していたが、与えられた好機を生かせず。「結果が全てなので、また下で頑張ります」と悔しさをにじませた。