【1968年11月】

 12日…巨人入りを希望していた田淵をドラフト会議で阪神が1位指名。田淵は入団拒否の態度

 19日…巨人・正力オーナーが「阪神にトレードの意思があるなら応じる」と発言

 26日…巨人・前川スカウト部長が阪神にトレードを申し込んだが拒否される。田淵に友人の高田選手から「あす(巨人の)スカウトが会いたいと言っている」と連絡が入る

 27日…田淵と巨人・沢田スカウトがホテルで密会するつもりだったが、デイリースポーツ記者などに見つかり、ほとんど話ができず

 28日…田淵との接触がバレた巨人は前川スカウトが大阪・梅田の阪神球団を訪れ、謝罪。同時に再度トレードを申し込むが阪神は「ノー」

 29日…田淵は家族会議で阪神入団を決意



【1960年代】田淵幸一