【オリックス・ブルーウェーブ】前身は阪急ブレーブス。88年10月に経営母体が阪急からオリエント・リースとなり球団名もオリックス・ブレーブスに。90年11月に愛称がブルーウェーブとなり本拠地も西宮球場らグリーンスタジアム神戸へ。球団創設7年目の95年にリーグ優勝。日本シリーズではヤクルトに敗れた。96年に連覇、巨人を下して初の日本一。04年の球界再編で合併球団オリックス・バファローズに。イチローの引退でブルーウェーブに在籍した現役選手はゼロになった。



【1990年代】