『人志松本の酒のツマミになる話』フジテレビ公式サイトより
『人志松本の酒のツマミになる話』フジテレビ公式サイトより

 9月2日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、元ゆるめるモ!のメンバーで歌手の“あの”が出演。最近になってダウンタウンにハマっていることを明かした。

 麒麟・川島明(43)が「あのちゃん、最近好きな芸人がダウンタウンさん」と明かすと、ダウンタウン・松本人志(58)は「古っ!」とツッコんだものの、今の若い世代からも支持されていることには「ありがたい。ほんとありがたい」と感謝。

 今年になって初めて『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)を見たというあのは、「なんだこのパンクでかっこいい人たち」「カッコいい、おもしろいと思った」とダウンタウンにハマった理由を明かし、「DVDも全部買って、松本人志さんのフィギュアも買った」と告白。さらに、「待ち受け画面も松本さん」と、今やすっかり松本が“推し”だと語った。

 そこで、実際に松本が待ち受け画面だという携帯の画面を見せてもらったのだが、そこにはうさぎの仮面をつけた上半身裸の松本の姿が。松本いわく「俺がダイスケ(宮川大輔・49)の家で、クリスマスパーティーで飲んだときの画像」とのことだが、写真にはピンクの文字で「なんばーわん!」「せかいいちの王子さま」「すきぴ」「推し」「あきれるほどきみがスキ」などデコレーションされており、松本も「あのちゃんに今推してもらえるってすごい」と満更でもない様子。

 また「最近の人は『ごっつ』みたら絶対ハマります」というあのに、松本は「なんかまだ売れそうな気がしてきた」と上機嫌。さらに、あのから「顔が好き」と言われ「ありがとうな」と喜んでいたが、あのが言いにくそうに「さつま揚げみたいで可愛い」と好きなポイントを告白すると、スタジオは大爆笑。松本は「最後のでぶち壊し!」「全然ちがうわ」とツッコみを入れていたのだった。

「『ごっつ』と言えば、30代以上の世代なら知っている有名なダウンタウンの番組ですが、あのの“パンク”という表現には『確かにあの時代はパンクそのものよな』『ごっつええ感じは、パンクでロックでカッコいい人達の集まり、あのちゃん、ええ事言った!』『あのちゃん世代にも認められるってやっぱりすげぇな』との声が集まっていました」(芸能ライター)

 さらに「松本さんに“さつま揚げみたいでかわいい”って言えるあのちゃん最強」との声も上がっていた。