北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は1日、「毎年2月22日になれば、日本では「竹島(独島)の日」という茶番劇が演じられる」などとして、領土問題で日本を非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

論評は「わが人民の中では日増しに無謀になっている日本の領土強奪策動を絶対に許してはならず、銃剣で決算して積もりに積もった恨みを晴らさなければならないという憤怒の声が引き続き出ている」などと主張した。