韓国の文在寅大統領は8日、7官庁のトップを交代する内閣改造を発表。対北朝鮮を担当する統一相には政府系シンクタンク、統一研究院の金錬鉄(キム・ヨンチョル)院長が起用された。

金錬鉄氏は盧武鉉政権で大統領諮問の政策企画委員や統一相政策補佐官などを務めた。

2020年東京五輪での南北合同チーム出場などに取り組む文化体育観光相には、次官を務めた朴良雨(パク・ヤンウ)氏が就く。