北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、日本の安倍政権が憲法改正や自衛隊の中東派遣を推進していることを非難する論評を配信した。 論評は「『自衛隊』の存在を明記した憲法改悪のヒステリックな推進と速く進捗する『自衛隊』の中東への進出は、自国をなんとしても戦争可能な国家につくって海外膨張の野望を必ず実現しようとする日本の軍国主義狂信者らの腹黒い下心を如実に示している」と指摘。 「日本の反動保守勢力が切に渇望するのは、過去、アジア大陸を併呑して強大さを誇っていた『大日本帝国』の再生である」などと主張した。