韓国紙・東亜日報の敏腕記者で、脱北者でもあるチュ・ソンハ氏が自身のブログで、北朝鮮の金元弘(キム・ウォノン)前国家保衛相が昨年5〜6月頃に処刑されたと伝えている。

秘密警察である国家保衛省は、拷問や公開処刑、政治犯収容所の運営を担当し、金正恩体制の恐怖政治の中心となっている機関だ。たとえば2013年8月には、銀河水(ウナス)管弦楽団と旺載山(ワンジェサン)芸術団のメンバーら9人を公開処刑し、その様子を芸能関係者数千人に「見学」させたとされる。

金元弘氏は、金正恩政権が本格的に始動した2012年4月に国家保衛相となり、張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長をはじめ、数多くの幹部粛清で先頭に立ってきた。

ところが、2017年1月に電撃的に解任され、「平壌市郊外の協同農場で働いている」などとする情報が伝えられていた。北朝鮮では、幹部が一時的に失脚して農場や炭鉱に送られ、「革命化」と呼ばれる再教育を経て復活する例がたまにある。しかし、金元弘氏にはそうした機会も与えられず、遂に処刑されてしまったということだ。

国家保衛省のような機関のトップまでが処刑されるとは、金正恩氏がいかに冷酷無比であるかを、如実に物語るエピソードと言えるだろう。

チュ・ソンハ氏によれば、金元弘氏が解任されたのは、汚職の容疑で取り調べを受けていた民用航空総局のカン・ギソプ総局長が、拷問に耐えきれず死亡してしまったためだという。カン氏は金正恩氏の妻・李雪主(リ・ソルチュ)氏の親戚だったという。またそれだけでなく、金正恩氏が力を入れていた順安(スナン)空港の新築工事を指揮し、正恩氏の寵愛を受けていたとされる。

国家保衛省がそのような人物を逮捕するためには、間違いなく金正恩氏の裁可が必要となる。金正恩氏は恐らく、「聖域なき捜査」を徹底させるため、敢えて側近の逮捕を認めたのだろう。

だが、カン氏は汚職を自白する前に死んでしまい、そのため金元弘は「無実の人間を死に至らしめた」ことの責任を問われる羽目になったということのようだ。