北朝鮮当局が25日の「先軍節」60周年に際し、軍高官らを対象に、金正恩党委員長の母・高容姫(コ・ヨンヒ)氏と、李雪主(リ・ソルチュ)夫人の活動を収めた記録映画を上映したと、韓国デイリーNKの内部情報筋が伝えた。先軍節は、金正恩氏の父・金正日総書記が行った先軍政治を記念する国家の祝日。

北朝鮮で、高氏と李氏の活動が1本にまとめられた映画が上映されたのは初めてと見られる。

内部情報筋が韓国デイリーNKに伝えたところによると、今回上映された記録映画は、同国内で2012年5月頃に短期間、上映されたことのある「偉大な先軍朝鮮のお母様」を再編集したものと見られるという。2012年版の映画は夫である金正日総書記を「同志」として支えた高容姫氏の姿に焦点を当てたもので、高氏が2002年6月の自身の50歳の誕生日に金正日氏を称える演説を行った際の肉声も収録。また、高氏が幼少期の金正恩氏といっしょに、勉強や植樹を行う様子を収めた写真も盛り込まれた。

今回上映された映画にもこれらと同様のシーンがあり、大阪出身の在日朝鮮人帰国者である高容姫氏の経歴や彼女の名前に言及せず、「朝鮮の母」などと呼んでいる部分も2012年版と一致する。

一方、今回の映画(約90分)では後半15分ほど李雪主氏が登場し、「今日においては尊敬する李雪主女史によって、チュチェ(主体)の革命偉業の代が強固に引き継がれている」との解説が加えられているという。

金正日氏を支えた高容姫氏を称えつつ、現在の新たな「朝鮮の母」は李雪主氏であることを強調する意図があると見られる。

【注】金正恩氏の母親であるコ・ヨンヒ氏の名前表記について、日本のメディアでは英姫( 영희)と表記されることが多いが、韓国デイリーNKは1972年の労働新聞にハングルで「ヨンヒ(용희)」と記されていることをスクープしており、「英(영)」の漢字表記は明らかに誤りである。彼女の墓標にも용희と記されていることが既に確認されている。
ただし、용희の正確な漢字表記も不明だ。本サイトでは今後、便宜的にハングルの「容(용)」を用いて高容姫と表記する。