北朝鮮の平壌で10日午前0時から、朝鮮労働党創立75周年記念の軍事パレードが開催された。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩党委員長が演説を行い、「強い軍事力によって偉大なわが国家と偉大なわが人民の永遠なる安寧と未来を守り、より大きな勇気と確信、ほとばしるような熱情と覚悟を持って新たな発展と繁栄に向けた進軍を開始する決心を披歴し、社会主義の輝かしい未来に向けて、新たな勝利を得るために力強く前進しよう」とアピールした。

李炳哲(朝鮮人民軍元帥)と朴正天総参謀長(同)の指揮でパレードが開始された。

パレードでは新型の潜水艦発射型弾道ミサイルと見られる「北極星4」と、新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)と見られるミサイルが登場した。弾道ミサイルのは移動式発射台は、従来の9軸18輪から11軸22輪に大型化されている。