北朝鮮の金正恩総書記が、朝鮮労働党の「第1回市・郡党責任書記講習会」(3月3日〜6日)の4日会議を指導し、閉幕の辞を述べた。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は、「責任書記が常に民心を重視し、自分の活動に対する評価を人民から受けなければならない」と指導した。

金正恩氏は閉会で、「今回の講習会で具体化された戦略・戦術的方針と闘争課題に徹底的に立脚して党活動を革新し、市・郡を強化、発展させる上で自分の責任と役割を果たしていくことに言及した」という。

また、「市・郡党責任書記が人民に対する無条件的な奉仕精神、社会主義建設の地域的拠点に責任を負う活動家らしい組織展開力と実務能力、気高い道徳風貌を身につけるべきである」「みんなが第8回党大会が下した決定が輝かしい貫徹として歴史に末永く残るように一意専心で奮闘しよう」と述べ、閉講を宣言した。