韓国軍の合同参謀本部は25日、北朝鮮が同日、朝鮮半島東側の海上に向け未詳の飛翔体を発射したと明らかにした。同本部は飛翔体の機種や射程距離などを分析している。

飛翔体が弾道ミサイルである可能性も指摘されている。