北朝鮮の金日成・金正日主義青年同盟第10回大会が3日間の日程を終え、29日に閉幕した。朝鮮中央通信が伝えた。大会では名称を「社会主義愛国青年同盟」に変更することに関する決定書を採択。金正恩総書記からの書簡が伝達された。

金正恩氏は「革命の新しい勝利を目指す歴史的進軍で社会主義愛国青年同盟の威力を遺憾なく発揮せよ」と題した書簡で、青年同盟は「最悪の挑戦を果敢に切り抜けて革命を飛躍的上昇へ導くわが党の周りに城壁を成し、青春の理想と抱負を党の構想に一致させ、水火をも辞せずに突進していく前途洋々たる若い主力部隊」であると賞賛。祖国防衛と非社会主義との戦いに貢献するよう求めた。

大会では、青年同盟中央委員会のメンバーが選挙され、委員長にムン・チョル氏が選出された。