故金日成主席が1927年に朝鮮共産主義青年同盟を結成したことを祝って制定された8月28日の青年節。様々な祝賀行事が開かれるが、平壌の金日成広場では、多くの若者が一堂に会して、夜会と称する大々的なダンスパーティが開かれた。

平壌のみならず、全国各地で同様のイベントが開かれる。8月初めに大雨の被害を受け、現在復旧作業が行われている咸鏡南道(ハムギョンナムド)端川(タンチョン)でも同じだ。ところが、その準備過程で騒動が起きてしまった。

公開処刑も

端川市の端川邑(市の中心部)の糧政事務所に勤める若者たちは、被害復旧の作業を終えた後、うち一人の自宅に集まって、青年節のイベントの練習と準備作業をしていた。最初は、青年同盟が決めた歌の練習をしていたのだが、そのうちに一人、また一人と禁制の韓国のK-POPを歌い始め、最後は皆でダンスに興じ、大騒ぎしてしまった。

「年配の人たちは知らないが、若者たちは南朝鮮(韓国)の歌と踊りを皆が皆知っていて、(踊ったり歌ったりすることを)恐れていなかった」(情報筋)

近隣の住民は、復旧作業でクタクタになった若者を気の毒に思い、歌って踊って楽しんでいるのを見守っていたが、おりしも当局が韓流に対する取り締まりを強化し、住民に密告を奨励している真っ最中。何か様子が変だと感じ取ったようで、保衛部(秘密警察)に通報してしまった。

出動した保衛部が家に踏み込んだところ、大音量でK-POPが流されているのを発見し、全員を逮捕したという。

住民の間では「処罰は軽いもので済まされないだろう」という保衛部の話が噂になっているという。少なくとも労働鍛錬隊、教化所(刑務所)行きになることは間違いなく、公開処刑や管理所(政治犯収容所)行きもあり得るということだろう。

ちなみに青年節のダンスパーティを巡っては昨年、参加者の間で発熱症状を見せる参加者が続出し、160人が隔離されるという事件が起きている。