北朝鮮の国防科学院の張昌河(チャン・チャンハ)院長は20日、韓国が試射した潜水艦弾道ミサイル(SLBM)に対して「出来損ないの兵器」であるとの分析を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

韓国は15日、文在寅大統領立会いのもと、SLBMの発射実験に成功したと発表した。韓国は「世界で7番目のSLBM保有国」としているが、同国に先立ち、北朝鮮も発射実験に成功している。

張氏は、韓国の発表に対して「南朝鮮は、世界的に通常『ゲーム・チェンジャー』と呼ばれる水中兵器が『北にのみあるのか、われわれにもある』と非常に自慢したかったに違いない」と述べた。

一方、「私は、今回、南朝鮮が公開した報道資料と試射場面を具体的に見た。確かに、SLBMではなかった」とし、「写真の中のミサイルは水中兵器とは程遠いの、簡単に言えば自分の姿を整えていない、どこか出来損ないの兵器に見えた」「一言で言って、どこか不手際な『作品』だと言うべきであろう」などと指摘した。

つづけて、「今は、南朝鮮のSLBMを戦略・戦術的な価値のある兵器に、威嚇的な手段として受け止める段階ではない」と述べた。

そのうえで、「南朝鮮の意欲的な潜水艦兵器システム改善努力は確かに、より緊張する朝鮮半島の軍事的緊張を予告することになり、同時にわれわれを再自覚させ、われわれがなすべきことを明白に悟らせてくれる」と強調した。