北朝鮮の平壌市安全局(警視庁)が最近、大規模な組織売春グループを摘発した事件についてはすでに本欄で述べた。40代男性のA氏をトップとするグループは、平壌郊外の平城(ピョンソン)、全国第2の都市である咸興(ハムン)、中朝国境の新義州(シニジュ)、リゾート地でもある元山(ウォンサン)、そして工業都市の沙里院(サリウォン)に拠点を置き、デリヘル業を営んでいた。

客は朝鮮労働党や安全局、保衛局(秘密警察)、検察所など主要機関の高位幹部やトンジュ(金主、新興富裕層)で、女性を客の自宅などに派遣し、数日単位で売春を行わせていた。
女性は20代から、幼くは高級中学校(高校)を出たばかりの17〜18歳もいたという。

北朝鮮では2年前にも、大規模な組織売春グループ「女子大生クラブ」が摘発されている。

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、市内の東大院(トンデウォン)区域にある総合レジャー施設・紋繍院(ムンスウォン)の責任者が、有名映画俳優、平壌音楽舞踊大学、平壌演劇映画大学の教授らと組み、組織売春を行っていた。

彼らは20代前半の美貌の女子大学生に「1ヶ月に500ドル(約5万3000円)以上儲かる仕事がある」などと声をかけ、施設内のカラオケ店で売春させていた。客はやはり、中央党(朝鮮労働党中央委員会)や平壌市党(党平壌市委員会)の幹部らだった。関わった女子大生の数は200人に達するという。

報告を受けた金正恩党委員長は、自分が大事にしている平壌音楽舞踊大学、平壌演劇映画大学の学生が売春に加担したことに激怒。組織の主要メンバーら6人を公開銃殺させた。

この前例を考えると、今回摘発されたグループの首謀者らも死刑を免れないと思われる。

こうした違法行為が横行する背景に、経済難による生活苦があることは想像に難くない。北朝鮮では1990年代の大飢饉「苦難の行軍」に際して売買春が増えたと言われる。

それにしても気になるのは、売春させられている女性の低年齢化だ。「苦難の行軍」に際して行動したのは主に、一家を食べさせる使命を負った主婦たちだったとされる。

その後、社会主義計画経済が実質的に破たんし、なし崩し的な市場経済化が進行したことで、巷には拝金主義がはびこることになった。その流れの中で、単に金儲けのために売春に走る例もあるだろう。

だが、このような大規模な組織売春グループが摘発された背景には、それとは違う事情もあると思われる。

「女子大生クラブ」の場合、首謀者らは「上納金ノルマ」に苦しむ学生らの弱みにつけこんでいた。財政難の北朝鮮では、国家が教育行政機関に、行政機関は大学や各学校に、上納金のノルマを課す。そして学校当局は、それを学生に転嫁しつつ、薄給の教員らがそこから自らの利益を確保するわけだ。上納金を払えない学生は成績や進路で不利益を被る。

こうした仕組みが、大学以外の教育現場や、またそれ以外の現場にも作り上げられていると思われる。そして、それに苦しむ若者を搾取する大人たちが、あちこちにいるのだろう。