北朝鮮外務省の金先敬(キム・ソンギョン)国際機構担当次官は14日、核問題をめぐりグテレス国連事務総長を非難する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

韓国を訪問中のグテレス氏は12日、尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領との昼食会の場で、「朝鮮半島、北朝鮮の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求める日米韓などの立場に「完全な支持」を表明した。

これに対して談話は、「古びた『CVID』を口にした事実は国連事務総長が自分の職分にふさわしくないように米国と追随勢力の対朝鮮敵視政策に同調することを意味すると言うしかほかには解釈することができない」と強調。

続けて、「過ぎ去った朝米対決の歴史は、世界最大の核保有国であり、世界の唯一無二の核犯罪国である米国が不法非道な対朝鮮敵視政策を完全かつ不可逆的に放棄しない限り、朝鮮半島の恒久的な平和と安定を保障することができないということを示している」と述べた。

そのうえで、「われわれは、グテレス事務総長が朝鮮半島の情勢が極度に鋭敏な現在の時点で問題の解決に実際に役立つことはできないまでも油を持って火を救うような危険な言行を慎むことを求める」と主張した。