北朝鮮の国営朝鮮中央テレビは、今月16日の20時半から1時間40分にわたって、朝鮮記録映画「人民のオボイ」を放送した。オボイとは親を指す文語的表現で、かつて金日成主席を呼ぶ際の枕詞として使われていた。この記録映画(ドキュメンタリー)は、農業と漁業、教育、コロナ対策に力を入れる金正恩総書記と「人民のオボイ」だと持ち上げるものだった。

この手のプロパガンダ番組は、何度も繰り返し再放送するのが北朝鮮では一般的で、全国民がひとり残さず見られるように、様々な「配慮」が行われる。だが、実際に番組を見た人の間からは、細かいツッコミと批判の声が浴びせかけられていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

平安北道(ピョンアンブクト)の情報筋によると、現在長期間の停電が続いている新義州(シニジュ)市内に、今月22日午後7時から2時間、電気が供給された。ちょうどその時間に再放送される「人民のオボイ」が視聴できるようにと、市当局が取った措置によるものだ。(⇒動画:「人民のオボイ」で各種報告書が映る箇所)

番組では、金正恩氏が批准した食糧状況改善に関する数多くの分析資料と対策報告書のタイトルが公開された。視聴者は非常に細かいところまで見ていたようで、こんなタイトルの報告書に目が止まったようだ。

草を食べる家畜を育て、チーズとバターを生産する模範農場を建設する位置を選定する状況と対策案

ナマズの養殖、養鶏、カイコの生産など至極まともなものも多く放映されたが、その中で、この報告書に目に止めた市民は怒りをあらわにしている。極めて深刻な食糧難に苦しむ北朝鮮の人々の目には、チーズやバター生産工場の建設は的外れなものに映ったようだ。

(動画:「人民のオボイ」で各種報告書が映る箇所)

「住民の生活苦を把握したのに、民生の解決策は出さず、ミサイル発射にもったいない外貨を使い果たしているのか」(RFAが伝えた市民の声)

一方、平安南道(ピョンアンナムド)の情報筋によると、現地住民は「人民のオボイ」で公開されたこの報告書に目が行ったようだ。

スパゲッティ奉仕実態を把握した状況と対策報告
シャンパンを生産することについての党の方針実行状況を把握した資料と対策案

当然、住民は怒りの声を上げている。

「トウモロコシ飯ですら腹いっぱい食べられないのに、最高尊厳(金正恩氏)が批准したスパゲッティとチーズ供給、シャンパン生産とはどういうことか。住民はスパゲッティやシャンパンが何かも知らないのに、これを把握した対策案を最高指導者の人民愛だと宣伝するとは、人民を欺く虚偽の宣伝だと憤慨している」(情報筋)

北朝鮮にスパゲッティやシャンパンがないわけではなく、首都・平壌や地方の大都市には、外国人観光客や国内の富裕層に外貨を使わせる目的で作ったイタリア料理店が存在する。しかし、一般庶民には高嶺の花であることは言うまでもない。

思わぬところから、国民との感覚のズレがあらわになり、プロパガンダが逆効果を生んでしまったというわけだ。

(動画:「人民のオボイ」で各種報告書が映る箇所)