国際社会の目を気にしてか、北朝鮮の金正恩体制は恐怖政治の手段のひとつである公開処刑を、一時的に減らすことがある。最近でも、処刑は非公開で行われるようになっていたが、その後また公開で行われるようになった。

江原道(カンウォンド)のデイリーNK内部情報筋は、9月末に行われた公開処刑について伝えている。

元山(ウォンサン)在住の50代男性Aさんは、医薬品の深刻な不足を受けて、中国製の材料を使ってペニシリン、マイシンなどの抗生剤を大量に製造し、患者に販売してかなりの利益を得ていた。

本来病院で無料で処方されるはずの薬品だが、コロナ前から不足する事態となっており、市場で購入するのが当たり前になっていた。しかし今年5月、当局が国内で新型コロナウイルスの感染者が発生したことを初めて認めてから、民間人の医薬品製造と販売を厳しく取り締まるようになっていた。

金正恩総書記は、自宅の常備薬を貧困家庭に供出すると同時に、医薬品の買い占めと違法な流通を批判し、それに基づき取り締まりが強化されたのだ。

Aさんは以前にも医薬品販売で摘発され、処罰を受けたことがあったが、今回改めて摘発され、最高刑の死刑の判決を受け、隣人や同僚が見守る中で、公開処刑された。

「過去がどうであろうと、今は(朝鮮労働)党から下される指示を守らなければ、無条件で最高刑を受ける」(情報筋)

一方、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、鏡城(キョンソン)に駐屯する、金正恩氏の特閣(別荘)の警備にあたる護衛局の旅団に所属する40代のB中隊長が、民家の建築に旅団の兵力を動員し、ワイロを受け取った容疑で、隊員の前で公開処刑されたと伝えた。

この旅団は、特閣につながる1号道路(金正恩氏専用道路)の警戒を担当していたが、B中隊長は部下を建設工事に派遣したり、出張証明書を発行する見返りにワイロを受け取ったりするなど、私腹を肥やしていた。

公開処刑に立ち会った軍幹部によると、その場では「首脳部護衛に深刻な打撃を与えることが起きた」「中隊長の不正腐敗で軍機が瓦解した」などとの説明があったとのことだ。処刑後、中隊は解散させられ、別の兵力が1号道路の警備を行うようになった。

一連の公開処刑は今までと同様、民衆の恐怖心を煽ることで当局の指示と命令に従わせようとするものだが、昨今の経済難と食糧難で噴出した不満を抑え込む目的で、処刑と合わせて公開裁判も行われている。

特に金正恩氏が政権の座についてから10年が経ち、成果を出すための命令に従わなければ、地位を問わずに処刑するという恐怖心を植えつけることで、不満を抑え込んでいるというのが、情報筋の説明だ。