北朝鮮の金正恩総書記(国務委員長)は10月23日、中国共産党第20回大会が行われたことに際して、習近平国家主席(中国共産党書記)に祝電を送った。これに対する答電が22日、習近平氏から寄せられたと朝鮮中央通信が26日、伝えた。

習近平氏は答電で、「新しい形勢の下で、私は総書記同志と共に中朝関係を設計し、導く活動を強化し、中朝関係を立派に守り、立派に強固にし、立派に発展させて両国人民により立派な福利を与え、両国の社会主義偉業の発展を促し、地域と、ひいては世界の平和と安定、発展と繁栄を促進するために新しくて積極的な貢献をする用意がある」と述べた。