金正恩総書記が11月30日、元中国共産党中央委員会総書記で国家主席も務めた江沢民氏の死去に際し、習近平国家主席(中国共産党書記)に弔電を送った。また、故人に花輪を送った。朝鮮中央通信が2日付で伝えた。

金正恩氏は弔電で、「江沢民同志は朝鮮人民の社会主義偉業を誠心誠意支持、声援したし、伝統的な朝中親善を強固にし、発展させるために極力努力した」と述べながら、「中国の党と政府と人民が喪失の痛みを克服し、総書記同志の指導の下で社会主義現代化偉業の実現においてさらなる成果を収めることを願った」という。

金正恩氏名義の花輪は1日、在中朝鮮大使が中国共産党中央委員会対外連絡部の活動家に託した。