突然ですが、みなさんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか? ラーメンやチャーハン、餃子などいろいろとありますよね。私の最近のブームは麻婆豆腐。作るのも食べるのも大好きです! 今回は少し変わった麻婆豆腐のお店をご紹介します。

 変わった麻婆豆腐を求めてやってきたのはJR佐古駅前。「善」という入り口の大きな看板が目を引く「徳島麻婆屋 善」です。

 幼い頃から料理人に憧れていた店主の前田武志さん。食物科のある高校へ通い、卒業後はホテルの中華料理店などで腕を磨いてきました。

 4年前に、自身の料理を知ってもらいたい、そして料理の考えを形にしたいとの思いでお店をオープンさせました。

 「徳島麻婆屋 善」は、麻婆豆腐を中心とした中華料理店。お店自慢の麻婆豆腐は、赤・紅・白の3種類。基本となる赤麻婆豆腐は、豚ミンチにニンニクや生姜、豆板醤(トウバンジャン)と甜?醤(テンメンジャン)がブレンドされ、中華山椒の効いた品。紅麻婆豆腐は、赤では辛さが物足りない方へ辛さを強めた品です。

 そして、私が今回いただいたのは、みなさんも気になっている白麻婆豆腐。ぐつぐつと湯気が立っています。

 熱いうちに早速いただきます!

 口あたりのちょうど良い絹ごし豆腐の甘味、白くとろみのある餡(あん)にこちらは鶏ミンチの旨味がきいて何とも美味(おい)しい。この白さの正体は豆乳。豆腐に豆乳、なるほどこれは相性バッチリです。

 さらに卓上にあるホワイトペッパーをかけると、ピリッと味が引き締まり、また違った風味を楽しめます!

 辛いものが苦手な方でも、麻婆豆腐を美味しく食べて欲しいと考えられた優しさから生まれたメニュー。付け合わせの白飯に載せて“白すぎる麻婆丼”としていただいても楽しいですね。

 そして、デザートには、これもまた白い! 杏仁豆腐。極限まで柔らかくしたとろみのある食感と、優しい甘さがお口いっぱいに広がり、ほっとする美味しさ。辛い麻婆豆腐を食べた後にも、口の中をリセットしてくれます。

 赤・紅・白と3種類あるので、食べ比べも楽しそうですね。店主の優しさから生まれた、優しい白麻婆豆腐。優しい白に包まれて、ホワッと幸せ気分になっちゃいました。

 ごちそうさまでした。



 木戸弥生(きど・やよい)徳島県吉野川市出身。四国放送テレビ「ゴジカル!」、同ラジオ「ラジオ広場土曜ワイド徳島」などに出演。「ボートレースパーソナリティー」の鳴門担当としても活躍。



 ◆徳島麻婆屋 善

 【所在地】徳島県徳島市佐古二番町17の8

 【定休日】不定休

 【営業時間】ランチ・午前11時〜14時30分、ディナー・17時30分〜20時30分

 【メニュー】麻婆豆腐セット(赤、紅、白)各825円(※昼営業限定、税込み)

 【アクセス】JR佐古駅から徒歩2分

 【電話番号】TEL088・660・4494