都心から東へ約40キロ、北総鉄道の千葉ニュータウン中央駅を降りて歩くこと十数分。すると、巨大なビル群が姿を見せる。グーグルや三菱総研、NTTデータ、そしてアマゾンなど世界的なIT企業や日本を代表する企業ばかり。ここ千葉県印西市は日本有数のデータセンター(DC)の集積地なのだ。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏が言う。

「最近はチャットGPTなどAI(人工知能)が注目されていますが、AIはコンピューターに蓄積されたデータを学習して成長します。そのため膨大なデータを保存しておけるDCはこれからますます重要になってくるはずです」

電柱の地中化

 印西にDCが集中している理由は、大きな活断層が見つかっておらず、直下型地震のリスクが小さいことや、成田空港から電車で30分ほどの距離で都心までも1時間という近さだ。また、標高が20〜30メートルで海岸からも遠く津波による浸水のリスクが小さいことなども挙げられている。

 印西市役所に聞くと、

「当市におけるDCの歴史は古く、昭和の頃までさかのぼります。当時はデータセンターではなく“事務センター”などと呼ばれており、印西にNTTの施設や郵便局(当時)の東日本貯金事務センターが造られたのが最初でした。この二つの施設ができたことによって、周辺の電柱(電線)が地中化された。このことが、DCを造りたいIT企業にとって大きな魅力だったのでしょう」(経済振興課の担当者)

今後も増加の見込み

 前出の井上氏の解説。

「DCの絶対条件は施設内の温度が常に一定であること。そして停電がないことの二つに尽きるといえます。それには電力の安定供給が必須で、落雷や地震などで電柱がいつ倒れるか分からないリスクは避けたい。地中化されているとなればDCを設置するにあたって大きなメリットです」

 かくて印西には11のDCが置かれ、今後も増える見込みだ。だが、先の印西市の担当者によると、

「現在、大和ハウスさんが大規模な造成工事をしており、これから14〜15棟のDCが竣工する予定です。しかし、これらも入居が決まっており、印西市にはもうDCを建てるスペースがありません」

 もともとは東京に通勤するサラリーマンのベッドタウンとして開発されてきた印西。今では人の代わりにLSIチップで満杯になっている。

「週刊新潮」2024年2月22日号 掲載