8月29日、国民生活安定緊急措置法に基づくマスクの転売規制が解除された。「ヤフオク!」「メルカリ」などのフリマサイトは引き続きマスクの出品を禁止するとしているものの、3月15日より続いていた法的な縛りは、なくなったことになる。一時はバブルに沸いたマスク市場の「今」を、流通アナリストの渡辺広明氏が取材した。

 ***

 転売規制解除について、政府は「品薄状態が解除された」ことを理由のひとつに挙げています。

 転売が再びOKになったことで、マスクの価格は上がったのか、下がったのか。通販サイト上のマスク価格をまとめて比較できるサイト「在庫速報.com」のデータでは、解禁された8月29日を境に、平均価格は一枚当たり11円から10円に値を下げています(図)。これは送料分を反映した価格であるとのことです。

 コロナ禍以前にドラッグストアで売られていたマスクの価格は50枚入り500円から600円でしたから、品質はさておき、価格だけをみれば、ほぼ元に戻ったといえるでしょう。ただ、解禁によって価格が落ち着いたのか、落ち着く見通しが立ったから解禁に踏み込む判断がなされたのかは“卵が先か鶏が先か”に近いものがあるので、なんとも言えません。

 ここに至るまでのマスクの状況を、改めておさらいしておきましょう。

 マスク価格が高騰した背景には、生産地である中国で原材料の不織布「メルトブロー」が不足したことがありました。中国の通信社CNSが3月末に報じたところでは、当時価格は10倍以上にもなっていました。

 こうしたバブルを受け、中国ではマスクビジネスに参入する業者が次々と現れましたが(その数1万社ともいわれます)、大手ドラッグストアを始めとした日本のチェーン小売業では、新規参入業者のマスクを仕入れることはありませんでした。品質や製品管理に不安があるためです。結果、行き場を失ったマスクの在庫は、東京・上野のアメ横や、新大久保などのエリアに流れていきました。ですから、これらの地域では、マスク不足が言われていた3月末時点でも、マスクは店頭に並んでいました。いわばマスクの“聖地”だったわけです。

 先に触れたとおり、ネット上のマスク価格は、もうほぼ元に戻ったといえます。では、新大久保のリアル店舗ではどうなっているのでしょうか。

「一日で一個も売れない」

 転売解禁からちょうど一週間後の9月5日、新大久保を訪れました。

 私は4月以降に何度か新大久保を視察に訪れ、その都度記事にしています。街にはすっかり活気が戻ってきていたように感じました。

 4月17日に訪れた際、新大久保の韓流ショップなどの店頭で売られていたマスクの価格は、50枚で4000円ほど(税込み、以下同)でした。韓流エリアから離れた通称「イスラム横丁」ではこれよりは安く、50枚3500円というものも。つづいて、5月7日の訪問時点で、50枚入りは2500円へと値下がりしていました。6月に入るとさらに安くなって、1400円ほどに。モノによっては900円というのもありました。

 そこからさらに3カ月が経った現在ですが、結論から言うと、イスラム横丁の商店では「50枚500円」でマスクが売られており、これが最安値でした。一枚あたり10円ですから、やはりコロナ前の価格に戻ったと言えるでしょう(繰り返しになりますが、品質はまた別の話です)。

 外国人の店員さんに話を聞くと、

「一人で5パックも10パックも買っていくお客さんもいるけれど、一個も売れない日もある」

 とのこと。おそらく、在庫処分セール価格なのでしょう。大通り(大久保通り)から一本入らなければならないこともあるためか、イスラム横丁はやはり安かったです。

 一方、通りに面した韓流ショップの店先にも、お洒落な柄のウレタンマスクや布マスクと一緒になって、不織布のマスクが売られていました。だいたい50枚で800円〜1000円の価格帯で、イスラム横丁よりは高め。とはいえ、一時のバブル価格を知っている身からすると、十分安いです。こちらも在庫をさばきたいということなのでしょう。50枚の箱単位だと売れないと踏んだのか、10枚で200円の小分けに詰めなおしたと思しき商品も……(袋の止め方がやや雑でした)。

 余談ながら、周辺の店にマスクが豊富にあることも影響してか、ドラッグストアでは「ユニ・チャーム」のマスクも在庫がありました。7枚418円の「超快適マスク」です。またセブン-イレブンでは、プライベートブランド商品の「耳が痛くなりにくい やわらかマスク」を、コロナ禍以降で初めて発見しました。こちらは40枚816円です。クオリティの不確かなマスクを購入するのであれば、すこし高くても、こうした品質の確かな日本開発のマスクを買おうという需要はあるでしょうね。また、今後に備え、国産品のさらなる増産と、中国生産に頼らないチャイナプラスワンも大事になります。

 いずれにせよ、街にこれだけマスクが豊富にあり、洗える布マスクを使う人も増えた事を考えると、今後は「転売」を試みても上手くはいかないでしょう。この落ち着いたマスク価格が続き、いずれはコロナ禍も収束することを願っています。

渡辺広明(わたなべ・ひろあき)
流通アナリスト。株式会社ローソンに22年間勤務し、店長、スーパーバイザー、バイヤーなどを経験。現在は商品開発・営業・マーケティング・顧問・コンサル業務など幅広く活動中。フジテレビ『FNN Live News α』レギュラーコメンテーター、デイリースポーツ紙にて「最新流通論」を連載中。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年9月7日 掲載