11月27日放送の月9ドラマ「ONE DAY〜聖夜のから騒ぎ〜」(フジテレビ)の視聴率が4・7%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯:以下同)。前作の月9ドラマ「真夏のシンデレラ」の最低視聴率に並んだことに、業界はどよめいた。ところが、その真ウラには、さらに酷い数字の番組があった。

 ***

 月9ドラマ史上最低タイの視聴率を記録した「真夏のシンデレラ」は、初回6・9%に始まり、それ以降は5%台が続き、第8話で4・7%を記録。全11話の平均は5・6%と、2018年1月期の「海月姫」と並ぶ歴代最低の平均視聴率となった。

「ONE DAY」はそれをも下回るペースだ。初回こそ7・8%だったが、第2話から5%台となり、第5話で4・8%、第6話で4・6%にまで落ちた。これは17年10月期の「民衆の的〜世の中、おかしくないですか!〜」に並ぶ、月9ドラマとしては単話での最低記録だ。民放プロデューサーは言う。

「以降も4%台が続いています。『真夏のシンデレラ』が4%台を出したのは1度だけですから、このままいけば月9ドラマ史上最低を更新するでしょう。しかも『ONE DAY』は、二宮和也、大沢たかお、中谷美紀のトリプル主演ですからね。スタッフも焦っていると思います」

 だが、下には下がいるという。

「同じ月曜夜9時のバラエティ番組『ジョンソン』(TBS)です。27日の視聴率は、何と1・9%でした。ゴールデンで1%台など、テレビ東京以外では久しくお目にかかっていない数字です」

 かつてダウンタウンがメインキャストを務めたバラエティ番組「リンカーン」を継承し、10月23日にスタートしたのが「ジョンソン」だ。それが苦戦していることは、11月2日にデイリー新潮が配信した「TBS『ジョンソン』不評のウラで戦略ミスの声 今後も伝説的バラエティの呪縛に苦しむのか」で報じた。だが、初回の視聴率は、まだ4%台だった。

空騒ぎするだけの番組

「それから3%台が続いていたのですが、とうとう1%台にまで落ちてしまいました。TBSは“エンタメでもっと明るく”をテーマに10月改編を行いましたが、これじゃお先真っ暗でしょう。この日の企画は“俺のベストキス発表会”で、レギュラー出演者の8人が自分史上最高のキス体験を駆け出しの女優相手に再現するというもの。大学生の飲み会以下のノリでした。出演者は楽しいかもしれませんが、一体誰が見るんですかね」

「ジョンソン」のレギュラーメンバーは、かまいたち(山内健司、濱家隆一)、モグライダー(芝大輔、ともしげ)、見取り図(盛山晋太郎、リリー)、ニューヨーク(嶋佐和也、屋敷裕政)の8人だ。

「『リンカーン』はダウンタウン(浜田雅功、松本人志)を筆頭に、さまぁ〜ず(三村マサカズ、大竹一樹)、雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)、キャイ〜ン(天野ひろゆき、ウド鈴木)という人気者を揃え、2005年から13年まで放送された長寿番組でした。それを後継したという『ジョンソン』のメンバーは、新進気鋭と言えば聞こえはいいかもしれませんが、『リンカーン』が横綱級とすればやっと新入幕といったところでしょう。そんな芸人らが空騒ぎするだけの番組です。正直言って、見ていてだんだん腹が立ってきました。こんな番組を作るから、地上波離れなどと言われるんです」

テレ東にも圧倒的な差で敗れた

 11月27日の裏番組には、今期は調子を崩しているもののフジの月9ドラマがあり、日本テレビはくりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)、ネプチューン(名倉潤、原田泰造、堀内健)、チュートリアル(徳井義実、福田充徳)が顔を並べる「しゃべくり007」、テレビ朝日はさまぁ〜ずの「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」の拡大版をぶつけてきている。NHKには「ニュースウオッチ9」という看板報道番組もある。

「各局が鎬を削っている時間帯で、『ジョンソン』のスタッフは番組を当てようという気があるのでしょうか。『人志松本の酒のツマミになる話』(フジ)や『プレバト!!』(TBS/毎日放送制作)、『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ)、『世界の果てまでイッテQ!』(日テレ)、『THE突破ファイル』(日テレ)などを見てもわかりますが、芸人が出演する人気番組は、ダウンタウンやナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)、内村光良(ウッチャンナンチャン)といった“重鎮”がいて、若手が彼らに立ち向かって頑張るといった図式です。面白くしようとか、頑張ろうという必死さが、視聴者の心を動かすのです」

 さらに驚くべきは、テレビ東京の視聴率だ。

「『ジョンソン』が1・9%だったウラで、テレ東の『世界!ニッポン行きたい人応援団』は7・6%と約4倍の数字を記録していました」

 フィギュアスケートの織田信成、高橋茂雄(サバンナ)、眞鍋かをりがレギュラーの「ニッポン行きたい人応援団」は、「YOUは何しに日本へ?」を深掘りしたような番組だ。かんぴょうが大好きなブルガリア人、島唄を歌えるようになりたいポーランド人など、一体どこでそれを知ったのかと思うほど日本に夢中な外国人を招待し、より深く学んでもらうという番組だ。成田空港に到着した途端、嬉しくて泣き出してしまう“ニッポンに行きたい人”もいて、特番の頃から評価が高かった。それが月9ドラマも「ジョンソン」も上回っていたことになる。

「月9は年明けから永野芽郁が主演の『君が心をくれたから』に代わりますが、『ジョンソン』はゴールデンで1%台ですからね。スポットCMも大減収でしょうから経営問題になり得ます。早ければ年内、長くても来年春には打ち切りと予想します」

デイリー新潮編集部