昨年、34歳の若さでこの世を去った小林麻央さんを偲ぶ会が、命日の翌日である6月23に開かれた。会場は東京プリンスホテルである。

 会には夫の市川海老蔵(40)や長女の麗禾ちゃん(6)、長男の勸玄くん(5)、姉の麻耶(38)ら親族のほか、フリーアナとして活躍した麻央さんゆかりの面々も姿を見せた。「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で共演した嵐の櫻井翔(36)やフジテレビの伊藤利尋アナ(45)がスピーチに立ち、歌手の平原綾香(34)がアカペラで「Jupiter」を歌ったと伝えられる。

 海老蔵といえば、“筆まめ”なブログでもお馴染み。偲ぶ会については、

〈今日しのぶ会があるのですが、麻央のお仕事の関係の方々麻央のお友達を中心で執り行う予定です。〉

 こう投稿したのにはじまり、

〈麻央が所属していたセント・フォースさんに大きなお力をお借りしてのお別れ会です。〉

〈会場入りしましたがダメです、私。〉

〈終わりました。全てに感謝する事の出来る時間でした、なぜか私もヘトヘトに〉

 と綴っている(編集部註:改行は省略)。

 海老蔵は、本日24日に長野・志賀高原で恒例の植樹イベント「ABMORI(エビモリ)」を行い、7月5日からの「七月大歌舞伎」(東京・歌舞伎座)では勸玄くんとの共演を見せる。麗禾ちゃんはこの4月に名門小学校に入学したと報じられた。妻であり母でもある麻央さんを喪った悲しみは癒えずとも、残された家族の時間は、少しずつ動き出している。

週刊新潮WEB取材班

2018年6月24日 掲載