3連休の沖縄はアムロ一色に染まった。9月15日、安室奈美恵(41)は、沖縄・宜野湾市でラストステージに立った。この1年間、安室の引退ビジネスに額ずいてきたのが芸能マスコミだが、安室サイドは厳しい言論統制を敷いてきたという。彼らが課せられていた三つのNGワードとは――。

 ライブ会場は開演前から大勢のファンが取り囲み、騒然としていた。

「プレミアチケットを手にできたのは僅か3500人ですが、“音漏れだけでも聞きたい”と1万人以上のファンが全国から駆け付けたのです。当日、宜野湾市周辺のホテルは満室。帰りのバスも長蛇の列で、あたり一帯は大量の帰宅難民であふれました」(地元記者)

 安室が最後の花道に選んだ故郷・沖縄は、引退フィーバーで大混乱に陥ったのだ。

 芸能プロ関係者が引退発表からの1年を振り返る。

「安室サイドは伝説的な幕引きの演出に躍起になっていました。平成を代表する歌姫が平成の最後に、国民に惜しまれつつマイクを置く。一方で、触れられたくない過去のことは書かないようにメディアに注文をつけてきたのです」

 それが三つのNGワードだというのだ。

 スポーツ紙の芸能記者によれば、

「まず99年に事件に巻き込まれ亡くなった『母親』です。次に、02年に離婚したTRFのダンサー『SAM』。最後は15年に独立を巡って対立した前事務所『ライジング』です。実は、引退発表後まもなく、あるスポーツ紙が安室の芸能活動を振り返るなかで、この三つすべてに触れてしまった。安室サイドは大激怒。所属レコード会社のエイベックスを“どんな仕切りをしているんだ”と叱りつけた。その後、NGワードを徹底するようお触れが回ったのです」

山下智久もNG

 上から目線の報道規制は、ラストライブの日まで続いたという。

 芸能記者が続ける。

「当日は、引退までの1年間を密着取材してきた動画配信サービス『Hulu』以外の取材は不許可でした。『Hulu』が安室サイドに支払ったカネは5億円だそうです。その他のメディアは、後ほど画像などのデータを提供してもらったのです」

 しかし、翌々日の17日午前4時まで使用を禁じられたという。

「ライブの曲目や、当日サプライズで登場したシークレットゲストの山下智久の名前も書いてはダメ。このルールを破ったメディアにはデータを渡さないというのです。結果、翌朝の紙面では、安室が何を歌ったかにも触れられない奇妙な記事を掲載せざるをえなくなりました」(同)

 なぜ安室側はこんな不可解な縛りをかけたのか。

「安室本人がお気に入りのショットを、時間をかけて厳選したかったからです。でも、曲目やゲストの名前なんて観客からすぐSNSで広まってしまう無意味な縛り。それに従わざるを得なかった自分たちも情けないのですが……」(同)

 マスコミを翻弄しながら去っていった平成の歌姫。カリスマ性を傷つけたくなかったのは、また復活なんて第二幕を想定しているからか。

「週刊新潮」2018年9月27日号 掲載