今後の仕事についても打ち合わせていた矢先の、突然の訃報だったという。週刊新潮コラム「墓碑銘」から、生涯を通じて“女優”であり続けた江波杏子さんの歩みを振り返る。

 ***

 1966年の「女の賭場」は、大映の看板女優、若尾文子が主役の予定だったが、浴室で転んで負傷。江波杏子(きょうこ)さん(本名・野平香純(のひらかすみ))は代役に選ばれた。

 予期せぬ大ヒットにシリーズ化され、71年までに17本が作られたのだから人生はわからない。68年には7本も公開されている。昇り竜のお銀を演じた江波さんは、「入ります」の決めぜりふで喝采を浴びた。

「東映の『緋牡丹博徒』シリーズより先に女賭博師で人気を呼びました。緋牡丹のお竜こと藤(現・富司)純子さんは情念を感じさせますが、江波さんは顔つきも相まってクールな印象です。独特の妖艶さがありサイコロを振る手つきも繊細。笑わない感じが格好いいと女性からも人気でした」(映画評論家の北川れい子さん)

 勝新太郎の「座頭市」、市川雷蔵の「眠狂四郎」とともに、江波さんの「女賭博師」は、大映の屋台骨を支えるシリーズとなった。

 42年、東京生まれ。父親は飲食業、母親は東宝で活躍した女優の江波和子だが、結婚前に引退している。4歳の時、その母親は肺結核で他界。59年、早く自立したいと応募した大映に13期のニューフェイスとして入社。

 映画デビューからまもない60年には、三島由紀夫が初主演した「からっ風野郎」にキャバレーの女給役で出演。膝の上に座る役として三島から指名された。

 脇役ばかりから、「女の賭場」で一躍スターになったのに賭博師役は嫌だった。賭け事が嫌いで任侠の雰囲気にも馴染めない。映画の斜陽化で71年に大映が倒産、賭博師役から解放された。

 斎藤耕一監督の「津軽じょんがら節」(73年)で新境地を開く。東京のバーで働いていたが、若いやくざの愛人を連れて故郷の漁村に帰ってきた女の役だ。

「故郷に受け入れられない女の悲しさが自然に表れていました。斎藤監督は感情の動きと現場の風景を丁寧に取り込む名手です」(映画評論家の白井佳夫さん)

 これが演技派として評価される転機となり、映画出演の幅が広がっただけでなく、「Gメンʼ75」のような人気テレビドラマや、井上ひさしの舞台など、第一線で活躍する女優となる。

 被写体としても愛された。

「新しい自分を創りあげていく力と勇気がある。賭博師というより妖精のようで、謎めいた魅力の持ち主です」(写真家の細江英公さん)

 江波さんを取材した経験があるノンフィクション作家の早瀬圭一さんは言う。

「率直で余分な修飾をせず、的確に話す、気持ちの良い人でした。私の本を読んだ感想まで話してくれたのですが、お世辞ではなく、あの部分はこう感じたと具体的なのです。自分を大きく見せようなんてしません」

 結婚はしなかったが、妻子ある年上の相手と13年も交際したことも隠さない。

 母親が遺した多くの本に触れ、子供の頃から読書好き。ジャンルは問わず、書店で何時間もかけて選ぶほど。新聞も熟読していた。ラジオも好きで、地方公演には小さなラジオを持参すると本誌(「週刊新潮」)で語っている。

 今年4月公開の「娼年(しょうねん)」では、松坂桃李演じる男娼を求めた老女を演じて驚かせた。実年齢の差は46歳。

「和服を上品に着こなした姿で現れ快楽の世界へ導かれていきます。身悶えする息遣いが伝わり、若い女優の赤裸々な場面より観る者を圧倒しました」(北川さん)

 長く肺気腫を患っていたが、生活に支障はなかった。しかし急激に悪化、入院翌日の10月27日に76歳で逝去。

 10月22日までNHKのラジオドラマの収録に参加していた。人間の日常の中に埋もれて見えないものが、ふと浮かびあがった一瞬を、映像でとらえることはできないかと考えたり、心の奥底と向き合う女優だった。

「週刊新潮」2018年11月15日号 掲載