突然の破局!?

 女優の剛力彩芽(27)と、ZOZOの創業者であり、「スタートトゥデイ」社長の前澤友作氏(43)が破局していたことが、11月12日、週刊新潮の取材で分かった。

 ***

 関係者は「まさに寝耳に水です。何しろお二人は、つい先日も普段と変わらぬ熱愛の様子を“公開”していましたから」と話す。

「10月24日から千葉県にある習志野カントリークラブ(CC)でZOZOチャンピオンシップが開催されました。前日の23日にはプロアマ戦が行われ、大会の名誉会長を務める前澤氏は、出場者のタイガー・ウッズ(43)、孫正義ソフトバンクグループ会長兼社長(62)と3人でラウンド。剛力さんもロープ外から観戦する姿を一部のスポーツ紙やテレビ局が報じました。てっきり交際は順調だと思っていたのですが……」

 そもそも2人の交際は、女性週刊誌「女性セブン」の2018年5月10・17日号のスクープ記事で発覚した。ネット上では「NEWSポストセブン」に転載された「剛力彩芽、ZOZOTOWN前澤友作氏と超高級車デート撮」の記事を今でも読むことができる。冒頭部分をご紹介しよう。

《女優の剛力彩芽(25才)とZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作氏(42才)との車中デートをキャッチした。

 いつもは目深に帽子をかぶり、注意深く周囲を見ながら距離を置いて歩く彼女も、車に乗り込んだとたんに緊張をといて、嬉しそうに彼にピッタリと寄り添う。話題はその日の出来事なのか、腕を自ら絡めながら話し続けている。コロコロと笑いながら表情を変える彼女の姿を見ていると、まるで車外まで声が聞こえてきそうだ。

 少し肌寒い4月下旬の夜、都内スタジオでドラマ収録を終えた剛力が向かった先は路上にとめられた1台の車。数千万円はするというピカピカに磨かれた超高級車だった。

 車の持ち主はファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営し、一代で株式時価総額約1兆円ともいわれる企業「スタートトゥデイ」を築いた前澤友作氏だった》(註:引用文の名称・年齢などは原文ママとした。以下同)

「女性セブン」の報道後、2人はそれぞれ別の機会で交際を認めた。その後、まるで堰を切ったように、“金満”なデートの様子などを、こまめにSNSへ掲載し続けた。たちまち世論は反応し、特に剛力が炎上の対象となった。芸能担当記者が振り返る。

「世論を驚かせた1つに、ロシアで18年に開かれたサッカーW杯があります。前澤さんと剛力さんは、それぞれのインスタグラムで、現地で決勝戦を観戦したと明かしました。その後、前澤氏のプライベートジェットでロシアに飛んだことなども判明。もともと剛力さんはネット上で炎上しがちな存在でしたが、前澤さんとの交際で『金と結婚した女』というイメージが定着してしまいました。これは彼女にとって大きなイメージダウンになり、仕事がどんどん減っていったのです」

長く続くと思われていた交際

 故事の「雉も鳴かずば撃たれまい」が戒める通りだったわけだが、デイリー新潮は18年11月、「『剛力彩芽』が10日、前澤友作社長との交際について発言? 取材殺到は確実」の記事を掲載した。剛力が前澤氏との交際に溺れ、ちょうど仕事を減らしていく時期に書かれたものだ。ZOZOの株価も低迷していることを伝えた後の部分は、以下のようになっている。

《一方、剛力彩芽のほうは、さらに危機的な見出しが並ぶ。

◆「来年のドラマも出演拒否『剛力彩芽』もう仕事したくない」(Smart FLASH/10月27日[週刊FLASH/11月6日号])
◆「剛力彩芽 インスタ更新もファンクラブ閉鎖への言及はなし」(東スポWeb/10月29日)
◆「剛力彩芽は前澤友作社長が所属事務所の不興を買って引退の危機」(AERA dot./10月31日)

 これで結婚秒読みというのならまだしも、ノンフィクション作家・森功氏が前澤社長をインタビューした「前澤友作ZOZOの『金脈』と『人脈』」(月刊文藝春秋/18年10月号)では結婚を全否定している。

 記事中では、前澤社長の資産管理会社が存在することが明かされ、役員欄に紗栄子(31)の名前も記載されていた事実を、森氏が前澤社長に問いただす。同誌10月号の該当部分を引用させていただく。

〈個人資産の管理を任せる会社の重役に就任させていたのは結婚する予定があったという意味か、と尋ねると、戸惑うようなそぶりを見せて答えた。
「いやいや予定はないです。そうか、資産管理会社に一瞬入ったんですね。ああ。でも、もう辞任していますね。彼女も自分でビジネスを自分でやっていて、そのビジネスの一部を共同でやったほうがいいんじゃないか、ということで(中略)、役員に加わったと思います」
 もっとも、目下、交際中の剛力彩芽はこの資産管理会社にその名がない。この先、役員に入る予定はあるのか、さらに結婚についてはどうか。
「ないない。彼女はオスカープロモーション社に所属している女優さんなので、別に自分で何か事業をやっているわけでもないので……。(結婚の予定も)ないです。お付き合いさせてもらっています」〉

 この記事ではさらに、2人の女性との間に3人の婚外子が存在し、認知していることを「事実です」と答えたほか、子供のいない前妻の存在も本人の口から明かされた》

 婚外子はいるわ、剛力と結婚することを否定するわ――これで世論は前澤氏を「誠意のない男」と認定したようだ。剛力以上の炎上に発展したことも記憶に新しい。

 今年9月にはヤフーがZOZOを約4000億円で買収すると発表、前澤氏が経営から退くことが大きな話題となった。そしてこのことからも、多くの関係者は、2人の結婚こそなくとも交際はまだしばらく続く、と考えていた。

 写真週刊誌「FRIDAY」は10月4日号に「フォトルポ 前澤友作&剛力彩芽の『私生活』」を掲載した。文中では《前澤氏の社長退任で、ついに二人はゴールインするのか》と自問自答、取材を進める中で「結婚の可能性は低い」としながらも、破局の兆候も見つかることはなかった。

《千葉県出身の前澤氏は現在、千葉市内に400坪の大豪邸を建設中で、これが二人の「愛の巣」になるようだ》

 だが冒頭の証言の通り、2人はかなり急に別れを選択したようなのだ。一体、何があったのだろうか。

 週刊新潮が剛力の所属事務所「オスカープロモーション」に取材を申し込むと、

「プライベートは本人に任せていますので、事務所は関知しません」

 と言うのみで、否定も肯定もしない。

 一方、前澤氏の公式ツイッターは、11月12日午後6時30分現在、11月9日の「ニューヨークなう。摂氏1℃。」と、「スマホケース変えた。特注。」が最新のものとなっている。

 11月14日発売の週刊新潮では、関係者の証言や、タレント生命を絶たれた剛力の逸失利益の算定など、破局の全体像を詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年11月21日号

「週刊新潮」2019年11月21日号 掲載