年間視聴率(18年12月31日〜19年12月29日)のトップをかけた、日本テレビとテレビ朝日の攻防は、12月の月間視聴率ではテレ朝が三冠(全日、プライム、ゴールデン)を獲得し、最後の最後まで追い上げた。だが結局、日テレの6年連続3冠で幕に。

 年が明け、王者・日テレでは、昨年活躍した番組、人物を表彰する「日テレ AWARDS」の表彰式が行われたが、そこにはイモトアヤコと結婚した石崎史郎Dの名があった。

 ***

 1月2日、日テレの小杉善信社長が“年頭のご挨拶”を発表した。

《みなさま、明けましておめでとうございます。/日本テレビは2019年、全日帯、ゴールデン帯、プライム帯において視聴率トップとなり6年連続で「年間視聴率三冠王」を獲得することができました。多くのみなさまから日本テレビの番組をご支持いただき、心より感謝申し上げます。/時代が令和に変わった昨年は、災害で大きな被害が出た一方、ラグビーワールドカップが大きな盛り上がりを見せました……》

 日テレが年間三冠王を取るにいたって、ラグビーW杯を抜きに語ることはできないだろう。日本中が盛り上がったW杯の中継を、民放で唯一生中継できたのが日テレだったからだ。日テレ関係者が言う。

「10月13日に中継した日本−スコットランド戦の視聴率は39・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でしたからね。あれがなければ、昨年の三冠は難しかったかもしれません。ですから、スコットランド戦を実況した中野謙吾アナも『日テレAWARDS』で表彰されていました」

 中野アナと言えば、スコットランドに勝利しベスト8進出が決定した瞬間の決め台詞で知られる。

《4年前には届かなかった世界の壁、ベスト8。チームで越えました。これが日本のビクトリーロードです!》

「でも、中野アナはMVP(最優秀賞)ではありませんでした。MVPは番組部門では『3年A組―今から皆さんは、人質です―』、そして人物部門では『あなたの番です』の鈴間広枝プロデューサーが選ばれました」(同・日テレ関係者)

「3年A組」(19年1月〜3月:平均視聴率11・5%)も「あな番」(19年4月〜9月:平均視聴率 9・3%)も、日曜ドラマ枠(22時30分〜23時25分)で放送され話題になったドラマではある。だが、放送時間帯としては高視聴率でも、全体に与えた影響はそれほどでもないのではないか。

「プライム帯(19時〜23時)としてみても、30分しか関係ないですからね。会社としては、視聴率よりもビジネスとして成功したと判断したのでしょう。両番組とも、日テレ傘下となった動画配信サービス・Huluで配信され、スピンオフ番組やショートドラマも独占配信されました。これが評判を呼んで、若年層のドラマ好きを開拓し、登録ユーザー数が200万人を突破するなど、経営も軌道に乗りましたからね」(同・日テレ関係者)

歴としたウチの社員だ!

 そしてもう一人、目を引いたのが、MVPではないものの優秀賞に石崎史郎ディレクターの名があったことだという。

「イモトアヤコと結婚した石崎さんです。11月24日の『世界の果てまでイッテQ!』の生放送に彼女と共に出演して結婚を報告。その日の視聴率は番組歴代5位となる22・3%を稼ぎました」(同・日テレ関係者)

 確かにスポーツ紙も1面で報じるなど大きな話題にはなった。結婚発表の翌日には、小杉社長は定例会見でわざわざコメントを出したほどだ。そのあたりのことは、デイリー新潮(19年12月5日配信)でも触れている。同時に、以下のようにも報じた。

《社長としては、イモトはもちろん、石崎さんにも社長賞をあげたいところだったかもしれない》

 まさに推測通り、石崎氏を日テレは表彰したわけである。もっとも、それって番組の立役者であるイモトを伴侶とした功績なのだろうか。なにせ、結婚発表した「イッテQ」こそ数字を稼いだものの、近頃ではテレ朝の「ポツンと一軒家」に負けっぱなし。むしろ追撃するテレ朝を勢いづかせたとも言えるのかも……。

「ですから番組トップの古立善之さんではなく、自ら出演し演出もした彼を表彰したのでしょう。今回表彰された優秀賞は10名。そのうちアナウンサーが中野アナと水ト麻美アナ、子会社の制作会社アックスオンから2名、スポーツから1名で、プロデューサー、ディレクターは5名です。つまり石崎さんは日テレの制作スタッフの5本の指に入ったというわけです。まあ、すでに彼は社外では、『イッテQ』の企画でギャラクシー賞やATP賞などを受賞していましたからね。社内で褒賞するのだって遅いくらいですよ」(同・日テレ関係者)

 だからなのか、社長の石崎氏を気にかけているようだ。

「ネット上で石崎さんが前に勤めていた制作会社の社員だから、イモトとは格差婚などと報じられるようになると、社長は黙っていませんでした。昨年末の訓示では『石崎君は下請け会社社員と思われているようだが、歴としたウチの社員だ』とか『イモトさんとの結婚は格差婚ではない』とまで言っていました。自社の社員が軽んじられることが気に障ったのかもしれません」(同・日テレ関係者)

 石崎氏は13年10月1日に日テレに入社し、情報・制作局に籍を置く、歴とした日テレマンである。年収も1000万円は下らないから、格差婚などとは言わせないというわけだ。さらに、『日テレ AWARDS』には金一封もつくという。

「100万円まではいかないと思いますよ。ま、番組スタッフと飲みに行けばほとんど残りませんし……」(同・日テレ関係者)

 イモトに何かプレゼントしないとね。

週刊新潮WEB取材班

2020年1月18日 掲載