1月ドラマが出揃いつつあるが、相も変わらず目立つのは、初回の延長放送だ。日本テレビ系の3ドラマ以外は、大河も含めて全て、初回を延長した正時またぎ、いわゆる“テッペンまたぎ”の編成となっている。次に見ようとしていた番組と重なるんだよなあ、と思っている方も少なくないはず。なぜこんなことに?

 ***

 まずは、今季の主要ドラマのレギュラー放送と初回放送の違いを見ていただこう。

 例えば、同じ1月14日にスタートした「10の秘密」(フジテレビ/関西テレビ制作)と「恋はつづくよどこまでも」(TBS)は、レギュラー放送なら前者は9時スタート、後者は10時スタートの1時間ドラマだから重なることはないのだが……。民放プロデューサーは言う。

「この日は、『10の秘密』が20分延長して、終了したのは22時14分。ドラマはとにかく初回が重要ですからね。ここで頭の15分を奪われる『恋はつづくよ……』はつらい」

「10の秘密」は向井理の主演に、仲間由紀恵、仲里依紗、渡部篤郎、佐野史郎が脇を固めるサスペンスドラマだ。

 一方の「恋はつづくよ……」で主演を務めるのは上白石萌音。彼女は、一昨年に同じ火曜ドラマ枠で放送されてヒットした「義母と娘のブルース」で綾瀬はるかの義娘を演じた上白石萌歌の実の姉である。ギボムスにも出演していた佐藤健が、今度は姉と演じる医療系ラブコメディだ。

「ギボムスを連想させる2人ですし、他にも山本耕史や片瀬那奈、香里奈といった主役級や話題性のある贅沢なキャスティングで、注目度は今期ナンバー1でした。ところが『10の秘密』に15分を奪われたおかげで、初回視聴率は9・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と2桁に届きませんでした」(同・民放プロデューサー)

 ちなみに「10の秘密」は8・9%だった。

「もっとも、『恋はつづくよ……』だって15分延長していましたけどね。初回延長もそろそろ考え時です。15分とか20分延長したところで、間延び感しかありませんし、若い人は1時間ドラマですら、長いと感じてきているようですから。お互いの局にとって損だと思いますよ」(同・民放プロデューサー)

 確かにここ数年、初回延長、あるいは最終回の延長というドラマが目立つ。いつからこんなことになってきたのだろうか。

リモコン普及のせいで

「ドラマの初回延長が頻繁に行われるようになったのは、視聴率戦争が始まった1994年頃からだと思います。まずバラエティ番組が、20時からの放送を19時54分から始めるなど、禁じ手と呼ばれた“フライング編成”を始めて、他の番組に視聴者が流れないように仕掛けて成功したせいです」(同・民放プロデューサー)

 フライング編成はクイズ番組「マジカル頭脳パワー!!」(日本テレビ)が最初と言われる。94年4月に放送曜日を引っ越しする際に、それまで20時ちょうどにスタートしていた番組を6分早めたことで、視聴率30%を超えることもあるお化け番組に成長した。そしてこの年、日テレは、それまで12年間、視聴率三冠王を続けていたフジから、王座を奪い取った。

「当時、テレビのリモコンが普及し、CM中にチャンネルを簡単に変えられるようになり、ステブレ(ステーションブレーク:番組と番組の間の時間)のザッピングを防いで、いち早くチャンネルを決定してもらうための戦略でした。さらにバラエティがスタートを早めるなら、ドラマはお尻を延長して、“テッペンまたぎ”をしようとしたのです」(同・民放プロデューサー)

 テッペンまたぎとは、20時ジャストなどの“正時”をまたいで放送すること。昨年は4月30日から5月1日にかけて放送することが、“改元またぎ”と呼ばれた。また、CMに入る前に「答えはCMの後で」などと煽って、答えをCM後まで引っ張ることを“CMまたぎ”と呼んだ。

「CMまたぎは、CM後にかなり巻き戻してから放送するという手法が横行するようになり、視聴者から批判が殺到。テレビ離れの原因になったと言われました。そして、フライングスタートのテッペンまたぎも、当たり前のようになる中、17年にTBSが打ち出したのが、20時台と22時台のフライングスタートを止めて、正時スタートに戻すというものでした。結局、どの局もフライングするようになっては、差別化できませんからね」(同・民放プロデューサー)

 TBSは現在、夜の番組の多くは正時にスタートしている。

「他局も正時スタートが増えた傾向があります。もっとも、TBSだって『サンデージャポン』(日曜9時54分〜)などは、スタート時に太田光が大はしゃぎするオープニングこそ流すものの、その後は10時まで延々とCMを流していたりします。あれなら10時スタートでいいと思いますけど……」(同・民放プロデューサー)

テレ東は独自のテッペンまたぎ

 一方、ドラマに関しては、フライングスタートの仕掛け人である日テレだけが、初回もレギュラー通りの放送をしている。

「小手先の延長は意味がないと考えたのでしょう。15分延長して他局の邪魔をするよりも、ドラマの作りがよくなければ、視聴者は見続けてくれませんからね。それに、ドラマの延長により後続の番組が繰り下がると、広告料金が下がって営業が困るんです。かつてのフジテレビは、月9の延長なんてしませんでしたよ。ドラマに自信もあったでしょうし、月9の後ろには『SMAP×SMAP』(22:00〜22:54)が控えていましたからね。高視聴率だった“スマスマ”を30分繰り下げたら、広告料は変わるし、プライム帯の平均視聴率で損をしかねない。何より、ファンから怒られる。“スマスマ”が終わり、現在は関テレ制作の『新説!所JAPAN』です。フジとしては気兼ねなく初回延長できるようになったというわけですが、後番組が人気番組なら、延長など必要ないのです」(同・民放プロデューサー)

 足の引っ張り合いなどせずに、堂々と戦ってもらったほうが、視聴者としてはどの番組も見やすくなるのだ。

 そんな中、唯我独尊と言うべきか、無双の編成をするのは、やっぱりテレ東だ。

「すごいですよね。月9と同じ枠の『病院の治しかた』も『駐在刑事』も初回はなんと54分延長して2時間ドラマ状態です。これはマネできません」(同・民放プロデューサー)

週刊新潮WEB取材班

2020年1月23日 掲載