昨年も多くの芸能人が離婚した。ビートたけしのような大物タレントや、俳優は別として、プライベートも切り売りするバラエティタレントやお笑い芸人は、離婚だってネタにしなければ食ってはいけない。むしろ、離婚を機に、上手くいけばテッパンネタになることだって……。

 ***

 1月17日の「ダウンタウンなう」(フジテレビ)“本音でハシゴ酒”には、SHELLY(35)が登場。彼女は、14年に「世界の果てまでイッテQ!」のディレクターと結婚したが、昨年11月に離婚して、2児を抱えるシングルマザーになったばかりだ。

松本人志:このタイミングで出るって、なかなか勇気いるよね。

SHELLY:逆に、このタイミングじゃないと、呼ばないですよねえ。

――冒頭からこの調子だ。元々、本音トークに定評のあった彼女だが、離婚後の切り返しもお見事。まずは彼女から、元夫との馴れ初めが事細かに説明される。

松本:すいません。別れた旦那さんとのいきさつ、そんなに長く話さなくても……。

SHELLY:ホントですか? どんなとこが好き、とか……。

松本:エンディングは、もう分かってるんで。

――そのエンディングは彼女からではなく、夫から切り出されたという。

坂上忍:予感はしてたとか、ないんだ。

SHELLY:ないです。

松本:寝耳に水? 上手くいってると思ってた?

SHELLY:はい。

田中みな実:なんて言われたんですか?

SHELLY:なんか、「ちょっと時間あるときに、どっかで話したい」みたいな。(私は)軽いノリで「そんなこと言われると気になるじゃん。今、話そうよ」。するとものすごい冷静に「離婚がしたい」と。でまあ、その前段階として「とりあえず別居しないか」と、ホントに淡々と。私は「えっ、なあに言ってんの」みたいな感じだったんですけど、今思うと、彼なりに色々考えて、悩んで、こういう風に伝えようと思っていったんだと思うんですけど。

坂上:最初から離婚前提の別居なの?

SHELLY:最初は、試されているのかな?とか、「嫌だ嫌だ」って言って欲しいのかな?とか言ってほしいのかなと思うくらい、ホントに全然予感がなかったもので……。

浜田雅功:何があったわけでもないもんね。

SHELLY:そうです。ないんですね。

田中:それはもう、旦那さんに違う人がいたとかですか?

SHELLY:私も「そういうのがあるんだったら、言ってくれたほうが私も諦めがつくし……。だからもう言ってよ」って言ったんですけど、「いや、本当にない。けど、このままあなたと結婚してても、これから先、浮気しない自信もない」と。

田中:そんなこと、言われたんですか!

SHELLY:そう。だけど、今思うと、すごい正直だなと思って。

――涙ぐみつつ、彼女を見つめる田中。

SHELLY:(笑いながら)なんか、みんな悲しい顔してるぅ!

カウンセリングまでぶっちゃけ

 他局プロデューサーが言う。

「ぶっちゃけでしたが、切実とも言える内容は、いつもの“はしご酒”とは違う趣でしたね。坂上忍もほだされたのか、自分が離婚したときの話を始めたり、カメラが回っていないような感じでしたね。『この番組でここまでガチで離婚トークしたの初めてかも』と驚いていたほどでした」

 彼女は離婚前、夫婦カウンセリングに相談したことも明かした。

浜田:よう行ったよね。

SHELLY:前々から私は行きたかったんですよ。ケンカが多かったんで。もっといい関係でいたいな、ケンカが起きたときに、ワァーって爆発するのは大人げないなっていうのがあったんですけど、「カウンセリングなんていいよ」って感じの人が多いじゃないですか。でも、彼が離婚したいって言ってきたから、「そんなに言うんだったら、その条件として、1回受けてみよ」って。「それでもダメだったら、もう諦めるから」って何とか説得していったんですけど……。

坂上:それって一緒に行くの? 個別?

SHELLY:一緒に行くんですけど、1人の回もあるんですよ。何回ってセッションがあって、その中で個別にカウンセラーと話したりってこともあります。

田中:具体的にはどのような話を?

SHELLY:生い立ちとか聞かれるんですよ。あなたとお父さんとの関係どうでしたか、とか。お母さんとは、とか。お互いに聞いてるのもすごい面白くて、彼がお父さんの話をしているのも、あ、そうだったんだー、とか。帰りの車の中で「なんか面白かったねー」とか話したり……。でも何回か行って話し合いしてもラチが明かなくて。

田中:テレビに出てお話しされているのが私はすごいな、って思った。私はできなかった。

SHELLY:え、いじってる? 可哀想って言ってるの?

陣内を目指せフジモン

「離婚前にカウンセリングを受けた芸能人の話なんて聞いたことがありません。元々、彼女はバカ話あり、毒舌ありで、表裏なく、ズバッとものを言うタイプでしたが、身を切る真面目な話もぶっちゃけた。攻めのトークに拍車が加わり、最後は田中みな実とのバトルにまで発展させ、笑いに転じさせました。業界でも“離婚後のSHELLYはさらに面白くなった”という声がもっぱらです」(同・他局プロデューサー)

 離婚をステップに……もとい、離婚後に人気が出た“先輩”には、“ゆうこりん”こと小倉優子(36)がいたが、

「不倫騒動を起こした夫と別れたことで、同情もありました。しゃべりの上手いタイプではありませんでしたが、芸人にイジられたりするうちに、離婚ネタもちょいちょい話すようになり、素を出すようになりました。2人の子供のシングルマザーとしての奮闘ぶりがテレビに出るようになると、ママタレとして人気者に。ただ、彼女も再婚して、ちょうどシングルマザーのイスが空いている。身を削る姿勢はバラエティにおいては、評価アップに繋がります。もっとも、誰でもぶっちゃければいいというものではない。売れたい、目立ちたい、という気持ちが透けて見えるようでは、視聴者は引きますからね。その点、SHELLYの場合、離婚の経緯を隠さず話したのは彼女らしいし好感が持たれます。ママタレとしても、結婚相談を受ける立場にもなれるかもしれません」(同・他局プロデューサー)

 一方、昨年大晦日に離婚を発表して驚かせたのが、お笑いコンビ・FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史(49)だ。

「ユッキーナこと木下優樹菜(32)と別れましたが、彼女のほうは“タピオカ騒動”がしばらく収まりそうもないので、ママタレとしての活躍は無理。その彼女と2010年に結婚して以来、長らく“おしどり夫婦”と言われていましたからね。フジモンは、離婚原因は騒動とは無関係としつつも、どうしてもタピオカ騒動が付きまといます。芸人仲間がイジろうにも、ボケもほどほど、ツッコミにも気を遣うなど、離婚ネタを笑いに変えられない状況です」(同・他局プロデューサー)

 離婚後に鳴りをひそめた芸人と言えば、陣内智則(45)が思い出される。

「そういった意味では、離婚ネタを封印した先輩芸人と言えますね。相手が藤原紀香(48)でしたから、彼女の名を出すことはもちろん、離婚に触れることすらできなかった。芸人としては、格好のネタだけに、つらかったと思います。しかし、時が経つにつれ、芸人らしくイジられるようになり、お互いに再婚した今では、テッパンネタになっています。離婚後に落ち込んだ人気も回復し、さんまさんの番組をはじめ、バラエティになくてはならない芸人として業界で認められています。フジモンもまだ時間はかかりそうですが、陣内を目指して頑張るしかないでしょう」(同・他局プロデューサー)

 イジり倒してもらうしかないか。

週刊新潮WEB取材班

2020年1月24日 掲載