NHKの朝ドラ「スカーレット」と正月のキムタクドラマ「教場」に出演した大島優子(31)が、“脱AKB”に成功したと話題だ。その一方、「スカーレット」でいま、大島以上に注目を集めているのが、黒島結菜(22)だ。それも、嫌われ役として――。

 ***

 朝ドラに黒島演じる松永三津が登場したのは、1月8日のこと。

 弟子入りを志願して信楽の里に現れた三津は、東京の美大を卒業後、丸1年をかけて全国の焼き物の産地を見て回ってきたという。服装はヒッピー風のベルボトムのジーンズにカラフルなシャツ、毛糸のチョッキ、髪はボサボサ――。ズカズカと他人の生活に入り込んでくるキャラだ。

 これまで大した波乱なく陶芸に打ち込んできた、喜美子(戸田恵梨香[31])と八郎(松下洸平[32])の夫婦生活に見慣れてきた視聴者には、大きな違和感だったようだ。

《もう三津見たくないよこのまま消えてくれ…》

《百合子の友達としての三津は嫌いじゃないけど八さん絡みの三津は嫌いだぁー!》

《八郎と三津が浮気したら朝ドラはもう見るのやめます》

 SNSには悲鳴とも思える書き込みが目立つ。喜美子の幼なじみとして、登場する照子(大島)への評価とはずいぶん異なる。芸能記者が言う。

「大島への評価は、ようやく元AKBではなく、1人の女優として様々な役を演じるようになって頑張っているという評価でしょうね。『スカーレット』ではオバちゃんですし、『教場』ではキムタクにしごかれる警察学校の生徒だったり、あの大島優子がこんな役も!といった驚きからくるものだと思います」

 黒島もこれまで様々な役を演じているのだが、

「黒島が『スカーレット』で演じている三津が不評なのは、彼女が今後、八郎さんと間違いでも起こすんじゃないか、という心配からくるものでしょう。裏を返せば、演技力があると認められた上での評価だと思います」(同・芸能記者)

クドカン、周防監督も認めた

 まだ22歳、どんな経歴なのだろうか。

「沖縄出身で、中学の時にモデルデビュー。高校生になって女優としての活動もスタートしましたが、地元の高校に通いながら、東京と沖縄を往復していたそうです。しかし、芸能活動が忙しくなって、14年に上京して都内の高校に転校。途端に『マッサン』で朝ドラ初出演し、成海璃子(27)の後を継いでクラレの“ミラバケッソ”のCM、能年玲奈(現・のん[26])の後を継いだ“カルピスウォーター”のCMなどに登場し、顔が知られていきます。15年には大河『花燃ゆ』(NHK)で高杉晋作の妻役を演じ、16年には『時をかける少女』(日本テレビ)で連ドラ初主演。17年は『アシガール』(NHK総合)では、戦国時代にタイムスリップした女子高生が足軽になるというドラマが話題となり、スペシャル版も作られました」(同・芸能記者)

 上京した途端に売れているようだが、

「その間、日大藝術学部(写真学科)にも進学したのですが、やはり仕事が忙しくなって通えなくなり3年で中退。ようやく女優に専念すると決意したのが昨年のことでした」(同・芸能記者)

 昨年は大河「いだてん」にも出演した。史上最低の視聴率を叩き出した作品だったが、

「元々視聴率は望めないと言われていた作品でしたが、クドカン(宮藤官九郎[49])作品だけに、何度か“神回”と呼ばれる印象深い回がありました。彼女は、中盤の第22話『ヴィーナス誕生』に出演しているのですが、この回こそ神回の1つ。ドラクロワの名画『民衆を導く自由の女神』を彷彿とさせる女学生たちの反乱シーンで、竹竿で校旗を振る彼女の姿はまさしく、日本の女子スポーツを導く女神そのものとして絶賛されました」(同・芸能記者)

 さらに昨年末の公開された映画「カツベン!」(周防正行監督[63])では、オーディションでヒロインの座を勝ち取った。

「公開時に夕刊紙のインタビューに答えていた言葉が印象的でした」(同・芸能記者)

《女優という仕事に専念してみよう。依頼されたらえり好みせずに、とにかく新しいことに挑戦しよう。それが面白いかどうかはやってみないと分からないから》(夕刊フジ:12月26日付)

 すでに、テレビ業界では4月期以降のドラマの争奪戦が始まっていると言うのは、民放プロデューサーだ。

「まだ22歳ながらキャリアもあるし、演じるたびに話題になっているのは大したもの。何より、クドカンや周防監督が起用しているわけですからね。朝ドラの三津役も、業界では非常に評価が高いですよ。今後は、人気急上昇中の松下と不倫関係に陥るのかで、さらに盛り上がるでしょう。もっとも、朝ドラですから、それほど大胆なストーリーにはならないでしょうけど。今年は彼女がさらに飛躍する1年になるでしょうね」

 民放ならもっと大胆に?

週刊新潮WEB取材班

2020年1月27日 掲載