30年来、世話になった「親元」を独立――。さしずめ家出のような格好で「妻」菊池桃子(52)は発表したが、その陰で「夫」である経産省エリートの存在が囁かれている。当人が独立劇と別居婚について語った。

 ***

 独立を発表した6月22日、菊池は新しく開設したHPにこう綴っている。

〈パーフィットプロダクションの岩崎加允美社長には温かく送り出していただきました〉

 彼女は1983年のデビュー後、89年からパーフィットに所属してきた。その間、歌手から女優業への転身やプロゴルファーの西川哲との結婚、出産、そして離婚と、激動の芸能活動を支えてきたのが、同事務所の岩崎社長だった。

「ですから、今回の独立は驚きでした」

 と、芸能記者。

「長年、苦楽を共にしてきた社長への感謝の気持ちをあえて表に出すことで、“円満”を強調しているようにも見えます。実際のところは、事務所を離れる際、菊池さんは“夫に言われて……”と漏らしたそうです。それで岩崎社長が激怒したとか」

 彼女の夫とは昨年11月に結婚を発表した経産省の新原浩朗・経済産業政策局長(60)。安倍総理の信頼も厚く、事務次官就任も取り沙汰される文字通りのエリートだ。

「夜を徹して省庁に残る“仕事人間”。ですから結婚の報には衝撃が走りました」(経産省関係者)

 その直後、菊池の周辺には“異変”が起きた。

 実は菊池の個人事務所は2016年に合同会社として設立されている。その経営陣にはパーフィットも名を連ねていたのだが、昨年末、すなわち結婚直後にそこから退いているのである。

 となれば、夫の助言によって独立したという先の証言も頷ける。

「秩父の神社に…」

「僕との結婚が独立の転機になったことはありません」

 とは当の新原局長。

「妻からは“前からあった個人事務所で仕事をしようと思う”と聞いています。“あ、そう”って感じでした。そもそも僕と彼女の“職歴”は35年で同じなんです。それだけ長く仕事をしていると、自分なりのルールを持っています。僕に影響されて、ではないですよ。今後、文化人としての活動に注力するか知りませんが、“女優を極めていきたい”とは言っていました」

 現在、菊池とは別居中だそうで、

「今は週に何回か向こうの家に通っています。僕の家は政治部や経済部の記者が知っているし、妻は昔ストーカー事件もあったので、迷惑をかけたくないんです。コロナの移動制限が緩和されてからは外出もしています。この前は秩父の山にある神社に行きました。神社巡りは彼女の趣味で、昔は考古学者になりたかったそうです。その帰りに僕の実家に寄って、妻が料理を作ってくれました」

 今後のことについては、

「いま同居するための家を探しています。セキュリティにも気を配っていて、情報が洩れないように気を付けないと」

 そう語るのだった。

 だが、もう一人の当事者、岩崎社長は、

「取材は受けません」

 と、記者の質問をシャットアウト。

 事務所も自宅も“引っ越し”に不可欠なのは入念な準備、に違いない。

「週刊新潮」2020年7月9日号 掲載