川田裕美アナ(37)が産休に入った。一方、その穴を埋めるかのように活躍の場を増やしているのが、テレビ東京の局アナから4月よりフリーに転身した鷲見玲奈アナ(30)だ。2人とも同じセント・フォース所属だが、フリーの女子アナは下克上とも呼ばれる厳しい世界。はたして、鷲見アナは川田アナのイスを奪うまでに成長するか。

 ***

 川田アナといえば、「この差って何ですか?」(TBS)や「ぴったんこカン・カン」(同)、特番となった「1周回って知らない話」(日本テレビ)ほか、関西でも多くのレギュラーを持つ。昨年10月に作曲家との結婚を発表。おめでたい産休ながら、制作スタッフの間から残念がる声も出ているという。民放スタッフは語る。

「彼女はアドリブにも対応できて、芸人とのカラミも上手いから、バラエティの進行もお手のもの。スタッフ受けも非常に良いですよ。加えて、スキップができない、運動神経が鈍い、井村屋が驚いたほどのあんこ好き、といった鉄板ネタを持っていて、素をさらけ出してイジられる愛嬌もある。女性受けする“ほどよい”美人ですから、老若男女から好かれるタレントです。産休に入って改めて、存在の大きさを感じます」

 読売テレビの局アナだった川田アナは「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系/読売テレビ)への出演を機に全国にその名が知られるようになった。

「この番組で鍛えられたんでしょう。MCはもちろん宮根誠司アナですから、アドリブにも対応しなくてはならない。『ミヤネ屋』の司会を約4年務め、番組を降板すると同時にフリーに転身しました。産休前のレギュラーは、『この差って何ですか?』で加藤浩次、『1周回って』で東野幸治、関西ローカルではサバンナの高橋茂雄などの相手を務めるなど、まるで猛獣使いのようでした」(同)

 一方、出番を増やしているのが、川田アナと同じ事務所に所属する鷲見アナだ。4月にフリーになったばかりだが、「炎の体育会TV」(TBS)、「プレバト!!」(TBS系/MBS)、「今夜はナゾトレ」(フジテレビ)、「みんなのKEIBA」(同)、「TOKIOカケル」(同)、「馬好王国」(同)、「ウチのガヤがすみません!」(日テレ)などに出演し、存在感を発揮している。テレ東時代には不倫報道もあったが……。

「本人もきっぱり否定していますし、世間からの批判的な目を気にしていないからこそ、フリーになってすぐに他局の番組にも出演できたのでしょう。古巣のテレ東では、『家、ついて行ってイイですか?』や『FOOT×BRAIN』にも継続して出演していることですし」(同)

 美貌と豊満なバストには定評のある彼女、今後、どれくらい活躍するだろうか。

目指すは田中みな実?

「これからも出演を増やしていくと思いますが、まだ未知数な部分も多いですね。局アナの時にも報道にはほとんど関わっていませんから、安藤優子、有働由美子、小川彩佳、夏目三久といった報道で活躍するフリーアナのようにはなれないでしょう。カトパン(加藤綾子アナ)ですら、報道番組では苦労していますから、可愛いだけでは通用しないのがこの世界です。今のところ彼女のセールスポイントは、男性受けする美貌です。露出多めの衣装も求められると思いますが、男性視聴者には喜ばれても、やり過ぎれば女性視聴者の反感も招きかねません」(同)

 7月4日にはラジオにも挑戦した。療養中の八木亜希子アナの代理パーソナリティの1人として、「鷲見玲奈のLOVE&MELODY」(ニッポン放送)の2時間20分の生放送を1人喋りで乗り切った。

「ずいぶん緊張していたようですね。ラジオは2週だけの担当ですが、テレビではどのくらい居場所を持てるか。先輩の川田アナのようになるには、時間がかかるとは思いますが」(同)

 とはいえ、産休中の川田アナだって、気が気じゃないのではないか。

「彼女は女子アナの厳しさをよく分かっていると思います。そもそも出世番組である『ミヤネ屋』も、先輩の森若佐紀子アナの産休により、彼女が後任となったわけですから。フリーとなってからも『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)は、八木早希アナの産休により彼女が代役を務めた。ただ、代役で終わらずに前任者が仕事復帰後も、そのイスにとどまったところが彼女の実力でしょう」(同)

 イス取りゲームにもたとえられるフリーアナの世界だ。鷲見アナもまずは、空いたイスに座ることが重要かも。

「川田アナの空いたイスに関しては、同じ事務所ですから奪い取るのは難しいと思います。ただ事務所としては、代役であっても、所属アナウンサーに引き継いでもらいたいでしょうね。テレビ局もフリーアナを使うよりも局アナを使って安く済ませようとするところも増えていますから。もちろん鷲見アナがレギュラーを取れれば、後は実力次第です」(同)

 目指すは、どんなフリーアナだろうか。

「やはりバラエティを目指すなら、愛嬌と面白さを発揮しなければなりません。芸人に気に入られる、やりやすいと感じさせるトーク力も重要です。そういった意味では、川田アナか、田中みな実アナの実力は抜きん出ています。川田アナほどの対応力が見込めなければ、田中アナのようにもっと自分をさらけ出し、キャラを作っていくしかないかもしれませんね」(同)

週刊新潮WEB取材班

2020年7月15日 掲載