石田純一、田代まさしがキャスターを務めた時代もあった

「スーパーJチャンネル」がリニューアルされた。番組の元ディレクターの鎮目博道氏は、「テレ朝が好調を維持する理由はこの番組にある」と指摘する。

 小松靖アナウンサーがMCを務める、新生スーパーJチャンネルの初回放送を見ました。ヒャダインさんが作った新しいテーマ曲と、明るい画面。そしてピンクを基調とした淡い色合いのテロップで、フォントも原則一種類に統一し、番組が「若返った」ということを強く印象づける演出となっていました。

 小松アナには緊張しているのか、結構硬さが目立ちましたが、それは無理もないでしょう。

 爽やかなスタートを切ったと言えるのではないでしょうか。

 ただ、一点、テロップは各局に比べて少し読みづらい印象です。

 高齢の視聴者や、家事などをしながら見る「ながら視聴」が多い時間であることを考えると少し「文字の細さ」が気になりました。

 僕が、テレビディレクターとしてのスタートを切った番組はJチャンですし、(以後「Jチャン」と私たちの略称で呼ばせてください)。

 一番長い間担当した番組もJチャンです。ですから、この番組には格別の思いがあるのです。

 社会部記者からJチャンに異動になって、僕が最初に見た光景は、号泣する石田純一さんでした。

 1998年4月に、石田純一さんから小宮悦子さんにキャスターが交代になるタイミングで僕は番組に参加したので、石田さん最終出演回にサブ(副調整室)に見学に行ったのです。

 はっきり覚えていませんが、確か学校か何かの特集のVTRが流れた直後だったと思います。

「だあー」というアントニオ猪木さんの掛け声かと思うような声が聞こえたので驚きました。すると、それは特集を見て感極まった石田純一さんが泣く声だったのです。

 僕はかなり驚きました。ニュース番組であそこまで号泣するキャスターは後にも先にも石田さんしか見た事がありません。

視聴率も、局内で「視力」と揶揄されるくらいで…

 考えてみればあの頃、Jチャンのキャスターは石田純一さんや田代まさしさんだったわけですから、今にして思えばなかなかファンキーです。

 視聴率も、局内で「視力」と揶揄されるくらいで、かなり眼が良い人の視力くらいしかなかったような気がします。

 ですから小宮悦子さんの新体制が始まった頃のJチャンは超絶自由でした。何せどう転んでもこれ以上視聴率が悪くなりようがないのですから。

 そのおかげでJチャンにはとても自由な気風が生まれました。

 とても怖いプロデューサーがいて、番組終了後にそのプロデューサーに天の声で「話にならん!」とか一喝されることもあり、我々ディレクターの間では反省会は「天の声アワー」と呼ばれて恐れられていました。

 が、面白いVTRを作るとちゃんとウケてくれる人でしたので、なんとか「天の声」を笑わせようと我々若いディレクターはネタのような面白演出VTRを作るのに必死になりました。

 僕も割烹着に買い物カゴを持ってオバサンの扮装をして麻布十番商店街で実験をしたり、「朱鷺がようやく交尾をした」というニュースのBGMに「南の国のハメハメハ大王」の曲をかけて「天の声」の大目玉を喰らったりしました。

 小宮悦子さんはとても仕事に厳しい方でしたが、毎日なんとか面白いVTRを作ろうと頑張る若いディレクターたちをとても可愛がってくださいました。

 特にお気に入りのディレクー3人を「私の3人息子」とか「Jチャン三兄弟」と呼んでいて、僕は一応次男にしていただいていたのですが、おふざけがすぎたのか、他の番組に異動になったからか、後に「次男は死んだの」といろんな人に語っていたようです。切ない思い出です(笑)。

 とにかく日々のニュースを面白く伝え、そして長期取材した特集をたくさんやるのがJチャンの売り物でした。

フジテレビのスーパータイムを抜いて、Jチャンが1位になった

 Jチャンにはニュース班と特集班があって、ニュース班は局員と制作会社の人の混成部隊、特集班は制作会社のベテランディレクター中心の精鋭部隊。

 ニュース班が作る特集枠が1つと特集版が作る特集が2つ。毎日3つの特集を放送していたのですからかなり豪華なラインナップでした。

 僕も諫早湾の干拓を追いかけたり、和歌山カレー事件を追いかけたり、ニュース特集のディレクターとしていろいろな経験をさせてもらいました。

 台湾の大地震や、マカオの中国返還、そしてアメリカ同時多発テロの時には2ヶ月近くアメリカ各地を取材させてもらったり、アフガニスタンにも取材に行かせてもらったりしました。

 そして、僕にとっても、Jチャンにとっても大きかったのは北朝鮮による拉致問題や脱北者の取材です。

 僕はJチャンのディレクターであるにもかかわらずほぼ1年中ソウルに滞在し、毎日のように北朝鮮関連の取材をしては日本に送りました。

 確かあの頃だったと思いますが、はじめて視聴率で王者だったフジテレビのスーパータイムを抜いて、Jチャンが1位になったときはとても嬉しかったのを覚えています。

 思えばあの頃のJチャンのニュース特集は、テレ朝報道局の若手の取材力や演出力を高めるための良い場所だったと思います。

 僕のテレビディレクターとしての基本は、間違いなくあの枠で作られたと感謝しています。

 ニュース特集もずいぶん前に廃止されてしまいましたから、局の後輩たちにとっては腕を磨ける貴重な場が一つ無くなってしまったわけですが。

 そして僕はスーパーモーニングや報道ステーションなどの番組を経て、Jチャンに戻りニュースデスクや特集のデスクをすることになりました。

 キャスターはその少し後に小宮悦子さんから渡辺宜嗣さんに交代になったのですが、僕はとても渡辺宜嗣さんを尊敬しています。

古舘さんは朝まで寝ないで待っていて…

 報道ステーションにいる時に聞いた話ですが、当時キャスターをしていた古舘伊知郎さんは渡辺宜嗣さんと実はテレ朝のアナウンサー同期です。

 そして毎日夜の11時過ぎに報道ステーションが終わった後、古舘さんは朝まで寝ないで待っていて、8時から始まるスーパーモーニングを全部見てから寝ていたそうです。

 その理由は、当時スーパーモーニングのキャスターをしていた同期の渡辺宜嗣さんが、その日のニュースにどんなコメントをしたかを毎日確認するからというので驚きました。

 あくまで聞いた話なので事実かどうかは分かりませんが、本当だとすればあの天才アナウンサー古舘伊知郎さんが、ニュースキャスターとして渡辺宜嗣さんに一目置いていたということですよね。

 そのくらい渡辺宜嗣さんは凄い人なのです。

 今回、小松靖アナウンサーにMCを譲り、コメンテーター兼スペシャルリポーターとしてご意見番的な立場になられました。初回の放送でも、まだ固さの抜けない小松くんをフォローされていましたが、お顔が穏やかになったように見えました。

 本当にお疲れ様でしたと言いたいです。

 さて、話を戻して僕がニュースデスク兼特集デスクになってからのことについて。

 僕が特に驚いたのは、「特集班のディレクターたちの取材がガチすぎる」ということ。

 僕が担当していた班は、とにかくディレクターがカメラを自分で回して、決定的瞬間が取れるまで粘って帰ってこない、というなかなか強烈なチームでした。

 これが今どきのテレビには珍しいくらい、ガチで決定的瞬間が取れるまで諦めません。

 人里に出没するクマの問題を追跡しているディレクターは、あまりにクマを追跡しすぎて夜中にリアルにクマと遭遇してしまいました。

 幸いなんの怪我も無かったものの、かなりスレスレです。

テレビ朝日のゴールデンタイムの視聴率好調の一因になった

 日頃は結構コワモテのディレクターなのに、さすがにその時はかなりビブラートのかかった声で(つまり超震えた声で)、「ウソ!マジかよマジかよヤベエよ」と半泣きのリアル出川哲朗さん状態のレポートになっていたので、みんなで腹を抱えて大笑いしたのが今となっては良い思い出です。

 違法廃品回収業者を追跡していて、金属バットを持った人物に殴りかかられたり、「迷惑釣り人」にしつこくカメラを持って食い下がり、長い釣竿で襲い掛かられたりしたディレクターもいます。

「人って、イザとなるとこんな感じになるんだな」という、人間の真実が見られた、素晴らしい特集だったと思います。

 そうやってみんな、決定的な瞬間をカメラに収めようと体を張って頑張るテレビのプロたちの仕事に僕は感銘を受けました。

 一生懸命面白い演出を考えて、横並びのどの局にも負けないように、そして他の曜日のどのコーナーにも負けないように頑張りました。

 間違いなくあの頃、 Jチャンの特集枠が他のどの番組よりも面白かったから、Jチャンは横並び1位を獲得できたのだと思います(Jチャンの前の枠で相棒の再放送をやっていたのも非常に有利でしたが、そのことはナイショにしておきます)。

 そして、Jチャンが高視聴率を取っていたからこそ、テレビ朝日のゴールデンタイムの視聴率好調の一因になったのではないかと、ほんの少し自負しているのです。

 僕の一つ上の先輩が作る、刑務所密着シリーズなども、他局には真似できない素晴らしいJチャン特集枠の財産だと思います。

 しかし、初回の放送を見た限りでは、どうやら特集コーナーは“定期”ではなくなってしまったようです。

 初回放送なこともあってか、いろいろな独自取材のVTRを放送していましたが、ほぼその全てが「グルメ関係」と「自局の番宣がらみ」だったのは少し残念です。

Jチャンらしいハードな特集を不定期にでも出していって欲しい

 番組の終了も特集枠の終了に伴って15分前倒しになり、6時45分までとなりました。

 それが局の全体的な戦略なのでしょうから、仕方がないとも思うのですが、ぜひ今後もできるだけJチャンらしいハードな特集を不定期にでも出していって欲しいと思います。

 思えば去年10月に発覚した「やらせ事件」がきっかけとなって、特集枠を半減させてしまった事が大きかったのかもしれません。

 あれ以来なんとなくJチャンの面白さは大きく損なわれてしまったような感じがします。

 最近ではニュース枠も独自取材が少なくなって、視聴者提供素材や外電が増えました。

 しかも同じもののリピートも多くなって、他局に比べて若干「小さく大人しくまとまった」印象で、物足りない感じがするのは否めないような気がします。

 改編で時間短縮をして中身も濃くなるなら、その方が良い気もするのですが、毎日の特集枠が無くなったのはOBとして正直言って悲しいですね。

 小松靖アナウンサーは、僕はAbemaPrimeという番組でご一緒したのでよく知っていますが、非常に実力のある素晴らしいアナウンサーです。

 歯に衣着せぬコメントも評判となりましたし、僕と一緒に草創期のABEMAで前向きに新しいチャレンジをしてくれた、いわば「戦友」だと思っています。

 彼にはぜひ自由闊達に実力を発揮して欲しいですし、そんな彼の優れた能力を守り立てるためには、やはり内容の濃い取材のVTRを制作していって欲しいものです。

 小松アナのもと、硬派なニュース番組になってくれるのを期待して今後を見守っていきたいと、僭越ながらOBとして思います。

鎮目博道(しずめ・ひろみち)
テレビ・プロデューサー・演出・ライター。92年テレビ朝日入社。社会部記者として阪神大震災やオウム真理教関連の取材を手がけた後、スーパーJチャンネル、スーパーモーニング、報道ステーションなどのディレクターを経てプロデューサーに。中国・朝鮮半島取材やアメリカ同時多発テロなどを始め海外取材を多く手がける。また、ABEMAのサービス立ち上げに参画。「AbemaPrime」、「Wの悲喜劇」などの番組を企画・プロデュース。2019年8月に独立し、放送番組のみならず、多メディアで活動。上智大学文学部新聞学科非常勤講師。公共コミュニケーション学会会員として地域メディアについて学び、顔ハメパネルをライフワークとして研究、記事を執筆している。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月7日 掲載