峯田和伸や渡辺大知も活躍

 AERA dotは5月24日、宝泉薫氏の署名原稿「RADWIMPS・野田洋次郎は星野源になれるか? 『エール』での演技で垣間見えた役者としての素質」を配信した。

 ***

 宝泉氏は『昭和歌謡 勝手にベストテン』(彩流社)などの著作で知られる。記事はタイトル通り、バンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎(35)が、NHKの朝ドラ「エール」(8:00)で披露した“歌唱力”を論じ、俳優としての演技を高く評価する内容になっていた。

 更に記事では、NHKの朝ドラが、ミュージシャンを俳優としてキャスティングし、効果をあげてきたことを紹介している。引用させていただくと、ざっとこんな具合だ。

【ミュージシャンの朝ドラ出演】
●2015年上期「まれ」 黒猫チェルシー・渡辺大知(30)
●2016年上期「とと姉ちゃん」 在日ファンク・浜野謙太(39)
●2017年上期「ひよっこ」 銀杏BOYZ・峯田和伸(42)
●2019年下期「スカーレット」 T.M.Revolution・西川貴教(49)

【俳優兼ミュージシャンだった新人の朝ドラ出演】
●2915年下期「あさが来た」 ディーン・フジオカ(40)
●2019年下期「スカーレット」 松下洸平(33)

 民放キー局でテレビドラマの制作現場に詳しい関係者が言う。

「この分野で最も売れっ子と言えば、もちろん星野源さん(39)ですね。星野さんも、しっかり朝ドラに出演しています。10年上期の『ゲゲゲの女房』ですね。NHKのキャスティングが評価されているのは、演技が未経験のミュージシャンを抜擢するのではなく、実は既に演技を経験しているミュージシャンやボーカリストを選び、世間に注目させるのが巧いのです」

ミュージシャンと俳優の共通点

 例えば野田洋次郎なら、15年に映画「トイレのピエタ」[松竹メディア事業部:松永大司監督(46)]で、何と主演として俳優デビューを飾っている。

 おまけに演技も高く評価され、日本アカデミー賞と毎日映画コンクールで新人賞をW受賞した。しかし、ツイッターなどでは依然として「野田洋次郎が演技もできるなんて知らなかった」と驚く投稿が後を絶たない。

 上の表なら、浜野謙太の俳優デビューは配信ドラマの「婚前特急―結婚まであと117日―」(11年)だ。

 峯田和伸は03年の映画「アイデン&ティティ」[東北新社:田口トモロヲ監督(62)]、そして西川貴教は舞台「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(1999年)――という具合だ。

「今年に入って新型コロナウイルスが蔓延し、ミュージシャンの方々はライブの仕事が激減しています。俳優の仕事に意欲を燃やしやすい状況になっているわけです。加えて歌と演技は似ているという側面も無視できません。歌も感情を声に乗せます。その際に生まれる表情も極めて多彩です。何よりも、優れたアーチストには“天が二物を与える”ことが珍しくありません。フランク・シナトラ(1915〜1998)は数々のヒット曲を放った後、俳優の世界にも足を踏み入れ、1953年にアカデミー賞助演男優賞を受賞しました」(同)

注目は米津玄師?

 歌が巧い俳優も枚挙に暇がないが、没後に国民栄誉賞を受賞した渥美清(1928〜1996)の歌唱力は、映画『男はつらいよ』[松竹:山田洋次監督(88)]の主題歌が示している。渥美はシングルもアルバムも出し、ミュージカルの舞台が高く評価されたこともある。

 こうなると、キャスティング担当者は“第2の星野源、野田洋次郎”を血眼になって探すのは当然だろう。やはりPVを必死に視聴したりするのだろうか?

「ミュージシャンに役者としての才能も輝かせるという夢は、キャスティング担当者なら誰でも持っているのではないでしょうか。熱心に情報収集を行うのはもちろんですが、意外に有効なのが『俳優の友人であるミュージシャンを紹介してもらう』です。例えば米津玄師さん(29)は、菅田将暉さん(27)、綾野剛さん(38)、そして星野源さんと仲がいいんです。先日もTBSのドラマ『MIU404』(金・22:00)の収録現場に米津さんからお弁当の差し入れがありました。現場からは米津さんの出演を望む声が上がりました」(同)

 そもそも「MIU404」にはゲストスターとして、少なからぬ“ボーカル兼俳優”が出演している。

 主な顔ぶれだけでも、松下洸平[2話]、岡崎体育(31)[3話]、渡辺大知[5話]、King Gnuのボーカル・井口理(26)──という具合だ。

“外部参入”の恐怖

 候補者は尽きない。ONE OK ROCKのTaka(32)は演技未経験だが、関心を持っているキャスティング担当者は少なくないだろう。Dragon AshのKj=降谷建志(41)も俳優としての実績はあり、NHKの大河ドラマ「八重の桜」にも出演している

「既に演技の実績も持っているミュージシャンなら、金子ノブアキさん(39)やMIYAVIさん(38)がいますし、経験に乏しい女性なら、あいみょんさん(25)が筆頭でしょう。もっと演技を見たいミュージシャンはまだまだたくさんいます」(同)

 ミュージシャンだけでなく、お笑い芸人の俳優進出も目立っている。東京03の角田晃広(46)、ハナコの岡部大(31)という具合だ。

 特にコントが演技力を求められるのは論を俟たない。先に紹介した渥美清もキャリアはコメディアンからスタートした。

 多彩な演技者によって、映画やテレビドラマが活性化することに反対する者は誰もいないだろう。とはいえ、これほど“外部参入”が盛んになると、中堅役者は戦々恐々としているに違いない。

週刊新潮WEB取材班

2020年9月4日 掲載