家事ができないこと、家政婦(夫)を雇うことは恥か?

 主として女性たちに大好評だった「私の家政夫ナギサさん」。「家政」が取れて「私の夫ナギサさん」となって、今夜は特別編を迎える。視聴者は「頑張り屋のキャリア女性・多部未華子」に共感したのか、「家事万能で優しくてピンチのときに助けてくれるおじさんの大森南朋」を欲したのか、吉田潮が評価する。

 このドラマを観始めたとき、どうしても検索せずにいられなかった。

「家政婦 家事代行 1時間 料金」

「MR 30代 年収」

「横浜 1LDK 60㎡以上 家賃」

 我ながら相当意地が悪い。でも気になって先に進めず。検索の結果、家事代行は1時間3,000〜5,000円、年収は600〜700万円、家賃は16〜18万円と推測。そこからの「私の家政夫ナギサさん」(TBS)である。

 先週の最終回で、多部未華子演じるメイと、大森南朋が演じるおじさん家政夫のナギサさんは恋愛感情を急速に高めて、婚姻に向かう結末となった。

 タイトルから「家政」の文字が取れて、「私の夫ナギサさん」となったのだ。

 うまいな。そして今夜は特別編だそうだ。ちょっと振り返ってみようと思って。

 冒頭の金の話だが、ドラマの中ではほぼ触れられていないので、銭ゲバの私は自分自身を納得させるために計算した。

 横浜市営地下鉄沿線、リッチで立派な低層マンションの最上階に住むメイ。家賃20万円超えかもな。

 最初は妹(趣里)からのプレゼントとはいえ、その後「週3回・4時間」を雇用契約。カリスマ家政夫のナギサさんだから、1時間5,000円くらいか。でも家族割とか定期契約割引で週3〜4万円くらい? 

 つまり月額は12〜16万円くらいか。そもそもメイは年収600万円以上ありそうだから、月給は40〜50万円。

 浪費癖もなさそうだし、支障ない範囲の必要経費だ。別に恥じることでもないし、贅沢をしているわけでもない。

 なのに、家事ができないこと、家政婦(夫)を雇うことを恥と考えてしまうメンタリティの源は、母(草刈民代)の言葉にあった……という運びである。

医療モノだが医者モノじゃない

 このドラマは主に女性たちに大好評。「頑張り屋のキャリア女性・多部未華子」に共感したのか、「家事万能で優しくてピンチのときに助けてくれるおじさんの大森南朋」を欲したのか。私が評価したいポイントは2つ。

 ひとつめは、医療モノだが医者モノじゃない「変化球」をライトテイストに描いたところだ。ドラマではそんなに描かれていない「MR=医薬情報担当者、という仕事の激務っぷり」がよくわかった。

 メイの生活を見れば、これだけ年収が高いのも納得がいく。帰宅してから勉強を始めて、寝落ちするのも日常茶飯事。

 毎朝6時半には起きて、会社へ向かい、営業先の病院を回り、時にはゴルフ接待も。医者以上に論文やデータを読み込んで、知識と情報をインプットしなければいけない専門職であり、熾烈な戦いを強いられる営業職でもある。

 もうね、家事なんかやらんでええ。アウトソーシングできるならがんがん利用すればいいと思ったよ。

 私事だが、昔、女性誌のライターをしていた頃は医者の取材が多かった。病院やクリニックによく出入りしていたので、MRに遭遇することもあった。

 女性のMRは実にビシッと、でもそこはかとなくセクシーにきめたスーツ姿で、アメリカのドラマに出てきそうな感じだった。

 スケベ医者にセクハラをされても、理不尽なパワハラをされても、医療機器や新薬を導入してもらえるならば笑顔でこなす。

 プライドの高い医者相手の営業なんて地獄だな……そんなイメージがあった。美人でなければMRになれないという噂も聞いたことがある。

医者を悪者扱いにはしなかったところも

 沢村一樹主演の「DOCTORS」(テレ朝)に出てきた滝沢沙織が、まさに私の中のMissMR。病院の機密や医者の個人情報を調べあげてはリーク、もちろん見返りは要求する美人敏腕MRだったっけ。

 でも、私が見た世界は20年以上前の話。製薬会社も医者もコンプライアンスも、そして時代も変わっただろうから……。
 
 劇中では医者を悪者扱いにはしなかったところも、観る者の心を穏やかにしたのかもしれない。

 わかりやすい敵やヒールを作って復讐するとかではなく、製薬会社も医者も真摯に職を全うしているという展開。性善説&平和主義で牧歌的なお仕事ドラマは、たぶん女性たちの今の心情にフィットしたんだろうな。

 ただ、メイが病院を出入り禁止になったというエピソードにはリアリティがあった。

 商談ではなく、あくまで雑談の中で最先端医療の話をしたら、その情報を知らない医者から「生意気だ」ととらえられ、出禁をくらったという。

 わー、さもありなん! この話が入るだけで、一段とリアリティが増す。MRという仕事の難しさがじわっと伝わる。そこはすごくよかったと思う。

 ふたつめは、「家事を女性に押し付けない男」の登場である。瀬戸康史演じる田所さんだ。外資系製薬会社のMRで、メイの会社の商売敵でもある。

 ライバルだが、人格者でイケメンで相談にも乗ってくれるわ、相手の速度や温度を慮りながらも直球で愛の告白をしてくれるわで、私はてっきり多部&瀬戸のナイスカップル(死語?)成立を期待しちゃったよ。

「ふたりで一生懸命働いて、苦手な家事はプロに任せればいい」

 同じマンションに住み、外資系製薬会社ってことで、年収は800万円超えとにらんだ。いくら家事万能で優しくても、じっとしているとカラスに威嚇されちゃうおじさんの大森とくっつくなんて……と思うじゃないか!
 
 田所さんはメイに告白したものの、逆にメイから「ナギサさんにプロポーズした」話を聞かされる。あのときは田所以上に心が痛んだ。それでもちゃんとアピールポイントを伝える田所さん。

「ふたりで一生懸命働いて、苦手な家事はプロに任せればいい」と。

 そこな! 苦手を自覚しているからこその言葉かもしれないが、全国の共働き家庭の男性の耳かっぽじって聞かせたいパワーワードだ。家事という言葉の部分に、「育児」「介護」と入れてもいい。

 家事も子育ても親の介護も女性に頼りっぱなしのまかせっきりの男性をひとりでも多く撲滅するために、田所さんは存在したわけだ。存在意義、デカイな! 見事にフラれたけれども。

 そこで気づく。

 世の女性たちがこのドラマに夢中になった本当の理由は、

「料理洗濯掃除…マジ、めんどくせ―ッ!!」

 という心の雄叫びである。

 コロナのせいで家にいる時間が長くなり、独身だろうと家族持ちだろうと、とにかく家事のわずらわしさに辟易。

 そこに家事万能で穏やかなナギサさんとくれば、みんなうっとりするわな。 

 20歳以上の年の差婚をしたメイとナギサさんのラブラブ新婚生活に、正直そんなに興味は……ない。体の相性は大丈夫かな、とゲスい老婆心で見守るのみ。

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビドラマはほぼすべて視聴している。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年9月8日 掲載