阿佐ヶ谷姉妹を見るたび、食レポでよく使われる「上品な味」というワードを思い出す。あと「やさしい味」。イメージとしては和食。たとえ薄味で物足りない時でも、そう言っておけば丸くおさまるよね。そんな打算が時に見え隠れする、使い勝手の良い表現でもある。

 阿佐ヶ谷姉妹の芸風やキャラも、濃いか薄いかといえば薄い。歌は必ずあるけれど、これといって代表的な持ちネタがあるわけではない。奇抜な出で立ちだとか、切れ味鋭いコメントを残すわけでもない。けれども、いやだからこそと言うべきか、今や二人は「上品」「癒やされる」と大人気だ。

 顔が似ているから、という理由で2007年に結成された姉・渡辺江里子と妹・木村美穂のコンビ。阿佐ヶ谷のアパートで同居生活をしながら、「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」での優勝や、2018年「女芸人No.1決定戦 THE W」での優勝など、実績を積み重ねてきた。売れた今でも変わらず阿佐ヶ谷のアパートで、隣どうしの部屋に住んでいる。そんな二人の日常を切り取った「モーニングルーティン」の動画は、昨年400万回再生を超えた。朝日に顔をしかめ、水を飲んでむせる江里子さん。隣の壁を叩いて相方を起こし、寝ながら歯磨きをする美穂さん。アラフィフ独身女性二人の、ゆるゆるとした生活感あふれる動画は全編通して穏やかだ。老若男女問わず、いつまでも見ていられると好評だったようである。

 彼女たちの魅力は、ロケ企画でも発揮される。丁寧な言葉遣い、和やかなやりとり、礼儀正しいコメント。従来の女芸人に求められていた、ガヤガヤした盛り上げとは無縁である。大げさなリアクションや自虐ネタ、美人タレントとの小競り合い、イケメン店員に鼻の下を伸ばす小芝居。そういう「お約束」がない。だから瞬間的な大爆笑は起きない代わり、ずっと微笑んで見ていられる。面白さより、人の良さが印象として残るコンビ。でもそれこそが、今のお笑い界の勝ち組を表すキーワードなのではないだろうか。

キーワードは「面白さ」より「仲の良さ」 阿佐ヶ谷姉妹の「薄味」のスゴみ

 ちょっと前までは「じゃない方芸人」というカテゴリーがあった。2人組を組めば、片方が人気で片方が地味だったり、片方が美形で片方がブサイクだったり。コンビだけれど個々人に持ち味が必要とされ、それぞれが切磋琢磨しながら、キャラや得意分野を持つことがお笑い界での成功則とされていた。

 しかし最近テレビでよく見る面々は、コンビ内格差を売りにしないコンビばかりだ。阿佐ヶ谷姉妹に限らず、千鳥もサンドウィッチマンも、EXITもガンバレルーヤも。みな雰囲気が似ていて、実に仲も良さそうである。

 もちろん、ネタやキャラも面白い。しかし視聴者がついつい見てしまう理由は、ネタよりも彼らの関係性にあるのではないか。「面白さ」の前に、「仲の良さ」が買われている。コンビ内の風通しの良さが、見ている側にも爽快感や安心感を与えてくれるから。そう無意識に感じとる人が増えているように感じられる。

 個人的に阿佐ヶ谷姉妹は、ただのいい人ではない片鱗を見せるところが好きだ。歌うま芸人などでの、歌の上手さを自負している本気の目つきと歌い方。細かすぎて伝わらないモノマネで見せる、おばさんの奇妙さや悪意をすくい上げる観察眼。そういう確かな技術や主張の強さを、最終的には「上品な味」に仕上げるたたずまいは見事なものだ。

 二人の印象は薄味と冒頭で述べた。思えば京料理しかり、選び抜かれた素材と細やかな技術が隠されているのが薄味の極致である。これみよがしの自己主張をせず、調和の取れた味わいを作り出すこと。それは江里子さんと美穂さんの関係性にもよく似ている。

 薄味をまた別の言葉で言い換えるなら、疲れた時にしみる味、おかわりしたくなる味とも言える。薄味の凄みを体現する阿佐ヶ谷姉妹、コロナ禍でますます活躍することだろう。笑いは免疫力を高めるのに役立つとも聞く。うがい、手洗い、阿佐ヶ谷姉妹と言われる日もそう遠くはないかもしれない。

冨士海ネコ

2020年9月17日 掲載