9月14日、都内の自宅マンションで亡くなっているところが発見された女優・芦名星さん(享年36)。自殺を図ったとみられるが、遺書も見つかっておらず、原因は不明だ。「新潮45」(2010年11月号)では、26歳の彼女が「なぜ生きるのか」、「恋愛観」、「新しい経験」について、多岐川裕美さんと語り合っていた――。(以下は「新潮45」2010年11月号掲載時の内容です)

 ***

七瀬シリーズは累計430万部

――人の心が読める超能力者の女性を主人公にした、筒井康隆氏原作の七瀬シリーズ(『家族八景』『七瀬ふたたび』『エディプスの恋人』いずれも新潮文庫)は累計430万部のベストセラーです。筒井作品の中でも『七瀬ふたたび』は『時をかける少女』に次いで多くテレビで映像化されました。『七瀬ふたたび』は、超能力者の七瀬が、さまざまな能力を持つ仲間たちと協力して巨大な敵に立ち向かうストーリーで、初めて映像化されたのは1979年にNHKの少年ドラマシリーズにおいてです。その時、主人公の火田七瀬を演じたのが多岐川裕美さんですが、それが今回初めて映画化され、芦名星さんが七瀬を演じて大きな話題を呼んでいます。多岐川さんもご覧になられたそうですが、感想はいかがでしたか。

多岐川 すごく面白かったです。登場人物は、私のときと一緒ですが、同じものを見ているという感覚はなかったです。『七瀬ふたたび』という内容は同じだけど、印象は違いますね。CGがふんだんに使われていたりして、現代的というよりも、超未来版という感じでした。

――芦名さんも多岐川さん主演の「七瀬」はご覧になっていますか。

芦名 はい、拝見させていただきました。今回の映画よりも、すごく細かく、原作により近い部分で描かれているので、人間関係が分かりやすかったですね。あと、私が演じた七瀬と多岐川さんが演じられた七瀬というのは、印象がやっぱり違うなという感じはありました。最初に多岐川さんの演じられている七瀬を見たときに、すごく美しいなと思ったんです。原作には、「みんなの目を引いてしまうぐらい美しい」と書いてあったけど、こういうことなんだと。表情やしゃべり方は柔らかいのですが、凜とした強いものを感じられて、「わあ、すごいな」と思いながら、結構楽しく拝見させていただきました。

――七瀬が初めて映像で登場するのが、1979年にTBSで『家族八景』がドラマ化されたときです。そのとき、七瀬を演じたのがやはり多岐川さんで、その後、NHKでも演じることになった。当時の視聴者にとっては、多岐川さん=七瀬というイメージが強いと思うのですが。

多岐川 私の七瀬ファンというのは、あまり聞いたことがなくて ……。むしろ同じ頃放映されていた「俺たちは天使だ!」のファンのほうが多いんです。でも、私の七瀬が好きだと言われるとすごく嬉しいんです。というのは、こういう不思議な人が好きなので。今は全然そういう雰囲気はないですけど、昔は、「宇宙人みたい」とよく言われたんです。何を考えているかわからないみたいな子だったらしくて、その辺の性格的なものや雰囲気も、キャスティングされるときに何か影響したんでしょうね(笑)。

――七瀬という女性を演じられていて、多くのファンを持つ七瀬の魅力については、どう思われていますか。

多岐川 七瀬の魅力って特に今までは考えたことがなかったですけど。自分が役を演じていると、その魅力ってあんまり考えないですね。どんな心でいるのか、その気持ちがどういうふうに変わっていくかとか、まずそちらを考えてしまうので、客観的になれない。人が演じているのを見ると、その役の魅力については考えられるんですけど。

――七瀬という女性に共感する部分などは。

多岐川 愛の深さというか、やっぱり温かさでしょうか。

――芦名さんはいかがですか。

芦名 超能力者の世界というのは、自分で経験できることではないので、原作の『家族八景』や『七瀬ふたたび』を読んで、理解を深められた部分がありました。人の心を読めるというのは、他人の見たくない部分まで見てしまう。だから、すごく精神的な負担が多いのだろうなと。それがゆえに、彼女は「自分は何で生まれてきたのだろう」とよく言うのですが、そういう気持ちと、それでもやっぱり生きたいという気持ちがある。その葛藤の一方で守りたい人たちがいるから、その人たちのために戦うという意識もあって、生きる姿勢にすごく強いものを感じるんですね。でも、誰かに自分の弱さを受け入れてほしいとも思っている。もともと人間味のある女性で、ちょっと余分な能力が付いてしまっただけ。そこのところが私たちと違うだけなので、七瀬が感じていることとか、思っていることはよく理解できました。演じていてもすごく楽しかったですね。

――「何で生きるのか」など、作品の中に普遍的なテーマがあるのも、ロングセラーの一因でしょうね。

芦名 そうですね。それに、人間誰しも何か超能力があったらいいなとか思うじゃないですか。何度も映像化されているのは、そういう人が憧れる能力を持っている女性が主人公のドラマということもあるでしょうし、テーマになっていることが、どうして生きるのか、なぜ死ぬのか、それに人を守ることの意味とか、時代が変わっても誰もが興味を持つ部分が含まれているからだと思うんですね。

恥ずかしくて、昔の映像は見返せない(芦名)

――新旧の七瀬を演じた多岐川さんと芦名さんですが、お二人とももともと女優志望だったのではなく、たまたま街でスカウトされたのだとか。

多岐川 ええ、私もさっき芦名さんのプロフィールを拝見していて、「おお、二人ともスカウトだ」と思ったんですけど、今はスカウトされた女優さんも多いですよね。

芦名 少なくはないですね。

――スカウトされて女優を始めるというのは、演技の勉強などが大変だったんじゃないですか。

多岐川 今の方はみんな演技が上手でしょう。なぜですか。私たちの時代は、養成所とか劇団に入ってない人は、とてつもなく下手というか……(笑)。今の人は、テレビドラマとか見て育っているから、演技が上手いのかしら。私の場合は、7つぐらいでようやく家庭にテレビが入ってきた。ドラマもそんなに放送していなかったですから。芦名さんは、初めて演技をするときどうでした?

芦名 初めてのときは、とある映画で、エキストラさんみたいに、「えっ」と言って通り過ぎていくとか、そんな役だったんです。そういうことから始めたんですけど……。

多岐川 じゃあ、ちょっとセリフが長くなってきたときはどうでしたか。

芦名 そのときは、何が難しいのかすら分からない感じでやっていましたから。セリフを覚えていって、とりあえずそう言ってみるけど、監督に「もっと感情がこうで、こうなるから、こういう演技で」と言われると、「ああ、そうか」と思うんですけど……。

多岐川 でも、言われるとすぐに演技ができちゃったりしたんじゃありませんか?

芦名 いえ。恥ずかしくて、昔の映像は見返せないですよ。最初はすごく難しいというか、どう演じたらいいか分からない状態でした。きちんと台本を読んで、感情の流れを考えてとか、そういうふうになれたのは、ある程度時間が経ってからです。

多岐川 そうですよね。最初はそんな余裕はないというか、演技をどういうふうに作っていくかなんて、ノウハウも分からなかったりしますよね。

――現場の雰囲気も今と昔では違うのでしょうか。

多岐川 昔は撮影にしてもゆっくり時間をかけてくださって、テストもいっぱいしてくださった。だから、いざ本番になって、OKがなかなか出ないと落ち込みましたね。今みたいに、何時間内で撮らないといけないという感じではなかった。でも、若い人たちは、ドラマが初めての人でもさらりと演技されるから、すごいと思っちゃう。

――芦名さんは先輩の女優さんとお話しされたり、お芝居のヒントを伺ったりすることも多いんですか。

芦名 お芝居する上で、何か一つ悩んでしまうと、私はそれが表に出てしまうんです。それは指摘されるときもありますし、自分で気がつくときもあるんですが、ずっとお芝居をされている方はそういうことがないものだと思っていました。でも、ご一緒させていただいた方にお話を聞くと、皆さん同じように悩んでいらっしゃる。「今の演技、正直なところ役が全然分からなかった」なんておっしゃるんですよ。でも、私が見ると、そういうふうには見えない。完璧に演じていらっしゃって、「何でそういうふうに自分の中で整理がつけられるんだろう」って、すごいなと感じるんですね。なので、何か分からないことを直接先輩にお聞きするというよりは、一緒に過ごしている時間で学ばせていただくことがすごく多くて。

多岐川 私もそうでした。大先輩方と一緒にお芝居をさせていただいてきたわけですが、先輩方の演技は全て私の引き出しの中に入っていて、そのときは分からないのだけど、後になって「あのときはこうだった、ああだった」というのが、役を演じていて壁にぶつかったときにすごく参考になることがありますね。みんなそうだと思うんですけど。その役を把握できなくてすごく悩んで、自分が嫌になったりもする。でも、それは自分でしか乗り越えられないから、自分で克服してやるわけですね。そういう役ばかりでもなくて、最初から役に入れちゃって、楽しく終わっちゃうこともあるかもしれないですけど、克服しなきゃいけないというのは、すごく辛いですよね。

芦名 ええ、辛いんですね。

女優は恋多きほうがいい(多岐川)

――女優はいろんな役を演じるわけですが、いざ演じようとしたら引き出しが空っぽだったことはないですか。

多岐川 なるべく多くの引き出しをあけてみます。でも、どこにも当てはまらないことが最近多いので、またそこから悩んでしまう。40年近く仕事をしてくると、そのぐらいで自分が経験してきたことって一巡するんでしょうね。私、ここ2年ぐらい前から、もう引き出しがなくなって、ゼロからの気持ちで仕事をすることが多いんです。今は、新人だった頃、七瀬のときはデビューからちょっと経っていましたが、ほとんどその頃の気持ちで仕事をしています。

――引き出しを増やすためには、よく言われるように、「恋多き女優」のほうがいいのでしょうか。

多岐川 恋愛しているとき、こんなときにこんな気持ちになるとか、こんなときどういう行動をするとか、どんな顔をするとかということは、結構覚えておきますね。

芦名 私も覚えておきます(笑)。

多岐川 ですよね(笑)。

芦名 男性に対してすごく怒っているときとかに一瞬、あっ、こういうふうな感情のときは、無意識のうちにこういう仕草をしているんだとか、髪の毛さわるんだとか、ちょっと考えてしまうときはあります。

多岐川 自分がプライベートなときに、いつもではなくて、ちょっと意識を止めるときがありますよね。

芦名 ええ、あります(笑)。

多岐川 二人ともO型なんですけど、O型はそうなのかな(笑)。でも、俳優はみんなそうかもしれませんね。

 やはり、女優は恋多きほうがいいと思います。というのは、常に綺麗でいられる。恋をしているときって、誰でも綺麗だと思うんですよ。だから、恋愛はしていたほうがいい。実は自分を綺麗にするためだったりして(笑)。恋じゃなくても、ハッピーでいたいですよね。

芦名 やっぱり演技は自分の中からしか出てこないので、恋愛だけじゃなく、自分に対して新しいことをしていたり、自分が幸せな状態でいたりすれば、それが自ずと表に出てくるものだと思うんです。恋愛というより、人とたくさん接していったほうがいいと思っています。自分を開放して、人から吸収してという繰り返しの作業を常に止めないようにしておかないと、どこかで(女優としての成長が)止まってしまうんじゃないか。それはわたし的には不安なので、常に開放しておこうとか、いろんなものを見ようとか、感じようとかしています。そういう意味で恋愛もそうですし、いろんな経験もそうです。あとは、一般の方よりも、いろんな役を演じる中で、他の人生を経験させてもらうことが多いので、そういうものも自分の引き出しの一つになると思っています。

――芦名さんはどういう男性がタイプなんですか。

芦名 タイプは難しいですね。好きになった人が好き。

多岐川 私もその年ごろに聞かれていたらそう言っていたと思う。私は温かい、本当に心の広い人がいいですね。私が心の小さな人間なので(笑)、何が起きても動じないような人が今は理想です。細かい人はいやですね。

芦名 そうですね。日々評価されたり、自分で役に悩んだりするから、その辺でどうしても寄りかかりたいという思いが出てくるんです。普段どれだけ辛くても、風邪引いて熱があっても、そこでは「大丈夫です」と仕事をする。その辛さが顔や表に出ないように意識を張っている分、プライベートになったら、例えば向こうもそういう寄りかかりたい日であっても、もし私が寄りかかりたいと思っていたら、それを受けとめてくれるような方がいたら、いいなって。ちょっとわがままですけど(笑)。

多岐川 だから、結局、同業者はダメね。男優さんもわがままを聞いてほしい人が多いんじゃないかしら。

二人は時空を超えて似ている!?

――芦名さんは新しい経験をしていきたいとおっしゃっていましたが、最近、何か新しいことはされましたか。

芦名 最近の新しい経験は、国内の11県ぐらいを車で回ってきたことです。

多岐川 一気に11県もですか。

芦名 はい。8日間ぐらいお休みをいただいて、泊まるところも決めず、車でずっと。

多岐川 一人で? 危険ですね。大丈夫でした?

芦名 大丈夫でしたね。結構そういうことをするんです。世界遺産を見てこようと思って、それで自分で地図を見ながら、場所とルートを決めました。愛知から三重とか回って、大阪まで行って、長野のほうを通って戻ってくる――こんなルートで行けるかなと思って。

多岐川 素敵ですね。一人旅も車だったらありですね。電車だと、チケットとか買えなかったり、乗り場とか分からなかったりするでしょう。乗り場、迷っちゃう(笑)。車なら今はナビがついているので方向音痴の私でも、何とかなるかも……。そういうとき、クレジットカードを持っていけば大丈夫ですか。費用はどのぐらいかかるんですか。

芦名 ガソリン代や高速代なども含めたら、10万円ぐらいは必要ですかね。私の車にはETCがついているので、高速代を抜けば現金で5万円ぐらいでしょうか。

多岐川 えっ、カードを持たない?

芦名 私、現金主義なので(笑)。

多岐川 そうですか。現金主義、いいことですね。私も今度やってみようかな。あっ、でも私、一人で食事ができないんだった。芦名さん、食事はどうなさったの?

芦名 一人でラーメン屋に行くのも抵抗がないんです。

多岐川 えっ、すごい! 私にはできないわ。

――多岐川さんの新しい体験はありますか。

多岐川 私は行動派じゃないんですね。今年はずっと舞台をやっていたので、新しいことといったら、これまで演じたことのない役をやらせていただいたことでしょうか。「三婆」というお芝居でお婆さんを演じたのですが、「三婆」は歴代すごい女優の方ばかりが演じてきました。人ごとのように見ていたし、まさか自分がやるとは思わなかったんですよ。その後が「大奥」で将軍の生母、実成院(じつじょういん)というすごい役でした。でも、プライベートで新しい体験となると ……。芦名さんのように私も何かしたいですね。

――常にこういう女性でありたいとか、生き方でこだわっていらっしゃることはありますか。

多岐川 こういう女性でありたいというのは、もうあり過ぎて……。私は普通の女性ができなければいけないことは何もできないんです。男の人にとって理想の女性像ってありますよね。そういうふうになりたいと思いますね。

芦名 私は何かに向かうと、お芝居でも何でもそれしか見えなくなっちゃうんです。そうすると、すごく視野が狭くなって、とてもマイナス思考になってしまうことのほうが多いんです。そうなると、自分でもどうしたらいいか分からなくなって、どんどん陰のほうに入っていく癖があるので、できればもっと思考をプラスに持っていくように変わりたいですね。そのほうが自分自身にとっても、見てくださる方に与える印象も変わってくると思うので。

多岐川 私もよく細かいことにとらわれてしまうんですね。性格が何か似ているわ。プラス思考になりたいとか、まったく一緒。だから、恋人とか、プラス思考に引っ張ってくれる人が側にいたほうがいいかもしれませんね。七瀬を演じた二人が、時空を超えて性格までもよく似ているので、ちょっと驚きました(笑)。

――最後に、特にやってみたい役などはありますか。今後の展望などもお聞かせください。

芦名 今、私はどんな役でもすべて新鮮ですし、自分がどこまでできるんだろうって考えたりします。どんな役でも携わっていられればいいというのが正直なところなんですけど、最近アクションの稽古を始めたんです。そういうものを使える役があったら楽しいかなと思いますね。

多岐川 女性のアクション、格好いいです。似合いますよ。

芦名 ありがとうございます。頑張ります。

多岐川 私も役については来るもの拒まずになっているんですが、今まであまりやったことのない役をやりたいですね。これまでホワンホワンとした役柄ばかりやっているので、理知的な学者さんとか、例えばお婆さんやお母さんの役でも、パパパッと娘に指示できるようなタイプをやってみたい。実際の生活では、しっかり者の娘に呆れられてばかりですから。ないものねだりかもしれませんね(笑)。

2020年9月16日 掲載