「半沢直樹」(TBS)の夏が終わり、いつもより淋しく感じる秋が来た。このドラマの全10話のうち、いずれかをリアルタイムで視聴した人は6658万8000人にも達したという(ビデオリサーチ調べ、以下同)。その中で最も熱狂したのは関西人だったようだ。

「半沢直樹」の主な舞台は東京中央銀行と東京セントラル証券だったのは知られている通り。もっとも、全国で一番高い世帯視聴率を得たのは毎日放送が放送した関西地区だった。

 9月27日放送の最終回の世帯視聴率を地区ごとで見てみると、関東が32・7%で関西が34・7%。さらに札幌が34・4%で名古屋が33・0%、北部九州が32・1%だった。

「半沢直樹」における世帯視聴率の西高東低は最終回ばかりではない。7月19日放送の初回は関東が22・0%で関西が23・3%。以後、関西のリードが続いた。

 7年前の前作も全く同じだった。関東は最終回で42・2%という驚異的数値をマークしたが、関西はそれを上回る45・5%を記録。関西でオンラインによる世帯視聴率のリアルタイム測定が始まった1980年以降、民放ドラマで最高値だった。

「単に関西人はドラマが好きなのでは」と思われる人もいるだろうが、それは違う。例えば同じTBSのヒット作「私の家政夫ナギサさん」の最終回の世帯視聴率は関東が19・6%で関西は17・3%。同じく「MIU404」の最終回は関東が14・5%なのに対し、関西は13・5%。どちらも関東が上だった。

 関西人は「半沢直樹」びいき。そう考えられるだろう。このドラマに限らない。関西人は立身出世物語を好むようだ。

「どてらい男」が人気に

 かつて関西人は滋賀県大津市生まれの脚本家である故・花登筺氏(1983年没)の立身出世ドラマに熱狂した。「細うで繁盛記」(1970、日本テレビ系)など、主人公が逆境に打ち克つド根性物語でもある。中でも人気を博したのは「どてらい男」(1973)だった。

 このドラマは西郷輝彦(73)が主演し、フジテレビ系の関西テレビが制作した。関東でも高視聴率だったが、関西では人気が沸騰。どんな物語だったかというと、コネも学歴もない主人公のモーやんこと山下猛造が、大阪の機械工具販売店の丁稚見習いを振り出しに出世街道を驀進する。やがて独立し、成功を収めた。

 モーやんは一本気で誰にも媚びない性格だったため、先輩から意地悪をされることもあった。取引先から嫌がらせも受けた。苦難の連続だった。けれど持ち前のバイタリティーと知恵で障害を次々とはねのけた。絶対に屈しなかった。

 なにやら半沢直樹(堺雅人、46)を思わせる。そう考える人は少なくなかったらしく、中高年のSNSユーザーは以前から「モーやんと半沢は重なり合う」という声を次々と上げていた。半沢は最終学歴こそ慶大経済学部という設定だが、自分の力で道を切り拓いた点ではモーやんと同じだ。

 ちなみにモーやんにはモデルがいる。工作機械から家具、家電品まで幅広く製造するメーカー「山善」を興した故・山本猛夫氏である。モーやんの歩みは山本氏の生涯に近いとされている。

「半沢直樹」が三菱銀行(当時)出身の池井戸潤氏(57)によって書かれたためにリアリティーが保たれていたように、「どてらい男」もモデルがいたから、現実味が損なわれなかった。

 同じ池井戸氏が原作を書いたビジネスドラマでも「下町ロケット」(TBS、2015)は関東のほうが世帯視聴率は上だ。平均世帯視聴率は関東が18・5%で関西は14・8%なので、随分と差が開いた。

 町工場である佃製作所社長の佃航平(阿部寛、56)が技術力と誠実さで大企業に一泡吹かせるという筋書きだったのは知られている通り。痛快なストーリーであるところは「半沢直樹」と一緒なのだが、立身出世物語ではないので関西の視聴者には物足りないのかもしれない。

 なぜ、関西人は立身出世物語を好むのだろう。もしかすると、関西の偉人・松下幸之助氏の存在が影響しているのかもしれない。言わずと知れた松下電気器具製作所(現パナソニック)創業者。小学校中退の学歴ながら、努力を重ね、苦労を惜しまず、大阪市内で興した家内工業を世界的企業に発展させた。立身出世を絵に描いたような大人物である。

 活躍の場はビジネス界にとどまらず、PHP研究所をつくり、倫理教育にも力を入れた。理想の政治家育成にも乗り出し、松下政経塾も設立した。また、大阪を愛し、本社を決して移転しようとしなかった。

 幸之助氏が関東人などより身近な関西人にとって、立身出世の人や苦労を乗り越えた人は魅力的なのかもしれない。

朝ドラは「逆」

 さて、「半沢直樹」の視聴率は西高東低だったが、近年のNHK朝の連続テレビ小説はまるで逆だ。関西が関東の視聴率を上回ることが滅多になくなってしまった。

 NHK大阪放送局が制作し、関西を舞台にした物語にしようが、視聴率が取れなくなった。異常事態と言ってもいいくらいだ。

 以下、近年の朝ドラの平均世帯視聴率である。

■2013年度上半期「あまちゃん」主演・能年玲奈(現・のん、27)、主な舞台・岩手と東京、関東地区20・6%/関西地区で16・9%
■同下半期「ごちそうさん」 同・杏(34)、同・東京と大阪、関東22・4%/関西地区21・8%
■2014年度上半期「花子とアン」同・吉高由里子(32)、同・山梨と東京、関東地区22・6%/関西地区21・6%
■同下半期「マッサン」同・玉山鉄二(40)、シャーロット・ケイト・フォックス(35)、同・大阪と北海道、関東地区21・1%/関西地区22・2%
■2015年度上半期「まれ」同・土屋太鳳(25)、同・石川と神奈川、関東地区19・4%/関西地区18・6%
■同下半期「あさが来た」同・波瑠(29)、同・京都と大阪、関東地区23・5%/関西地区21・4%
■2016年度上半期「とと姉ちゃん」同・高畑充希(28)、同・静岡と東京、関東地区は22・8%/関西地区20・4%
■同下半期「べっぴんさん」同・芳根京子(23)、同・兵庫と大阪、関東地区20・3%/関西地区20・2%
■2017年度上半期「ひよっこ」同・有村架純(27)、同・茨城と東京、関東地区20・4%/関西地区20・3%
■同下半期「わろてんか」同・葵わかな(22)、同・京都と大阪、関東地区20・1%/関西地区は19・6%
■2018年度上半期「半分、青い。」同・永野芽郁(21)、同・岐阜と東京、関東地区21・1%/関西地区は19・3%
■同下半期「まんぷく」同・安藤サクラ(34)、同・大阪、関東地区21・4%/関西地区19・5%
■2019年度上半期「なつぞら」同・広瀬すず(22)、同・東京と北海道、関東地区21・0%/関西地区18・3%
■同下半期「スカーレット」同・戸田恵梨香(32)、同・大阪と滋賀、関東地区19・4%/関西地区18・6%
■2020年度上半期「エール」同・窪田正孝、同・福島、東京

 この中で唯一、関西の世帯視聴率が関東を上回っているのは2014年度下半期の「マッサン」。図らずもニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝氏(劇中では玉山鉄二が演じた亀山政春)をモデルにした立身出世物語である。

 前半で政春が大阪の「鴨居商店」に就職し、ウイスキーづくりに励むという設定も関西人には身近で良かったのではないか。鴨居商店のモデルは鳥井商店で現在のサントリー。政春にウイスキーづくりを託した鴨居欣次郎(堤真一、56)のモデルは同社創業者の鳥井信治郎であり、やはり立身出世の人である。

 となると、大阪が発祥の地である日清食品の軌跡を辿った「まんぷく」はどうして関西地区の視聴率が東京を超えなかったのか。それは、主人公が創業者の安藤百福氏をモデルにした立花萬平(長谷川博己、43)ではなく、妻の仁子さんを象った今井福子(安藤サクラ、34)だったことも一因だったのかもしれない。その分、立身出世物語色は薄らいでいた。

 立身出世物語は古いのかも知れない。ド根性物語も。けれど現実社会は生まれながらにしての上級国民がなぜか増え、夢が持ちにくくなってしまったので、ドラマにはもっと成功譚があってもいいのではないか。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年10月7日 掲載