長らく女子アナの陰に隠れてきた男性アナウンサー。有名人との結婚とフリー転身で世間を騒がせる同期女性たちを、静かにキャリアを積み続ける彼らはどう見ていたのだろう。

 しかし最近、男性アナウンサーに再評価の兆しがある。筆頭は日テレ・藤井貴彦アナウンサーだろう。

 1994年入社で26年目の大ベテランで、実はフリー転身した羽鳥慎一アナウンサーと同期。しかし華々しい経歴を歩んだ羽鳥アナとは違い、「好きなアナウンサーランキング」とも長らく縁遠かった藤井アナ。ずいぶん水をあけられたと、周囲以上に本人が思っていたのではないだろうか。近年では「今年も好きなアナウンサーランキングには入りませんでした」と自虐コメントをするのも話題になっていた。

 しかし彼を一気に有名にしたのは、コロナ禍での「news every.」である。他の番組が繁華街の人の少なさを「異様な光景」と評する中、メインキャスターである藤井アナは「外出自粛してくださる皆さんのおかげです、ありがとうございます」とポジティブに伝えていた。自粛下の視聴者をいたわる名セリフは連日注目され、人気は急上昇。最近では「重用」を「じゅうよう」と読んだ市來玲奈アナを注意したが、実は正しい読みであったことがわかり謝罪したのも話題になった。自分の非を認めて誠実に報道に向き合う姿勢に、「理想の上司」と称賛が集まっている。

 その藤井アナの1期下が、フジテレビのアミーゴ伊藤こと伊藤利尋アナである。坂上忍によるパワハラ疑惑がくすぶっていた「バイキング」で、榎並大二郎アナウンサーに代わって登板。かつては「とくダネ!」で小倉智昭や笠井信輔アナウンサーをサポートしていただけに、メンドくさいおじさんあしらいはお手の物といったところか。軽妙ながらも安定感のある進行で、アシスタントではなくダブルMCとしての風格を見せた。坂上の手綱さばきもまずまずのようである。

 思えば伊藤アナも、番組の顔というよりは女房役という役回りが多かった。とんねるずからの寵愛ぶりや、三枚目キャラが板につきすぎていたのが災いしたのだろう。裏を返せばそれだけ器用ということであり、報道番組での進行やコメントは的確であった。

 藤井アナにも伊藤アナにも共通しているのは、アナウンサーとしての技術以上に、立ち位置をわきまえているということではないか。しゃしゃりでないこと、芸能人然としないこと。それは同年代での出世頭・TBSの安住紳一郎アナウンサーにも通じる。彼らの奥ゆかしさはプロ意識の表れでありながら、目立ちたがる女子アナや、それを良しとする偉いおじさん管理職の前では、いいように使われてきたということだろう。しかし、その奥ゆかしさが報道界では珍しいものになったからこそ、彼ら「おじアナ」に安心する視聴者が増えてきているのではないだろうか。

青木や上重、ハセン…「おじアナ」ブームを後押しする若手男性アナの「カン違い」ぶり

 彼ら「おじアナ」への安心感は、他の男性アナたちへの失望感の裏返し。そんな側面もある気がする。局アナで名前を売った後、フリーになってタレント化する女子アナたちには慣れた。でも最近では、男性アナも「チヤホヤされたい」欲を隠さない。藤井アナの後輩である青木源太アナは、筋トレとジャニーズ愛を持ちネタにフリーに転身。日テレにはABCマートの創業者から利益供与を受けていた上重聡アナ、手越祐也と未成年合コンをしていたラルフ鈴木アナなど、どうにもカン違い感が否めないアナウンサーが多い。一方TBSには料理ができない後輩を「だからモテない」といじる、モラハラ臭漂うエピソードを繰り出す「グッとラック!」の国山ハセンアナがいる。これはキャラだ、番組を盛り上げるためのサービス精神だ、という部分もあるだろう。でもそれ以上に彼らから滲み出てくる、俺は特別、という感覚。そういう暑苦しさは、受け止めるだけで疲れてしまう。コロナ禍ではなおさらだ。

 そう思うと藤井アナも伊藤アナも安住アナも、おじさんだからこそのあきらめが良い方向に作用しているのかもしれない。女子アナでもない、もう若くもない、でも大御所というほどでもない。だからこそ、妙な爪痕を残そうと野心にもがくことも、誘惑に負けることもない。ただ番組と誠実に向き合うだけ。そんな冷静さと情熱のバランスが、視聴者にとっては心地よい。アナウンサーに人気はいらない、と言ったのはまさに安住アナだが、おそらく彼らの名前は今年もランキングに挙がるだろう。さて、藤井アナがどんな顔でそのニュースを読むか、楽しみである。

冨士海ネコ

2020年10月16日 掲載