10月17日、テレビやスポーツ紙、ネットメディが一斉に、「嵐にしやがれ」(日本テレビ)と「VS嵐」(フジテレビ)の後継番組を報じた。嵐が年内を以て活動休止となるため、彼らの冠番組を誰が引き継ぐかが注目されていた。だが、「しやがれ」は嵐の櫻井翔が、「VS」は同じく相葉雅紀に。無難という声はあるものの、拍子抜けといった感もある。どうしてこうなったのか。

 ***

 デイリー新潮では、「『嵐にしやがれ』年内終了で、後継番組と元旦特番『TOKIO×嵐』はどうなる?」(9月26日配信)で、番組を後継するのは、ジャニーズ事務所が推すSexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀の特別ユニット、もしくは嵐の二宮和也が濃厚と報じた。

 ところが、結局、櫻井と相葉が引き継ぐことが発表されたわけである。ジャニーズに詳しいテレビ局幹部が言う。

「確かに数ヶ月前からジャニーズの後輩グループを中心に様々な出演者候補が考えられていて、中島と平野のコンビが濃厚だったんです。しかし、突然、降ってわいたように、日テレは櫻井、フジは相葉の単独MCに決まったんです。それが証拠に、番組タイトルこそ発表しましたが、具体的な内容はほとんど決まっていません」

異例の同時刻解禁

 来年1月より、「嵐にしやがれ」(土曜・21時)は櫻井の「1億3000万人のSHOWチャンネル」となり、「VS嵐」(木曜・19時)は相葉の「VS魂(ぶいえすだましい)」に衣替えされる。

「さらに異例だったのは、放送局の異なる2つの番組の発表が、17日午前5時の情報解禁として、同日同時刻に行われたことです。「嵐にしやがれ」は土曜放送なので、同じ土曜に発表したのは話題にもなります。しかし、「VS嵐」は木曜放送ですからね」

 なぜ同時発表ということになったのだろう。

「これにはジャニーズ事務所が、嵐関連のニュースを大きく取り上げてもらい、惜しまれつつ活動休止するというインパクトを与えたいという狙いがありました。スポーツ紙は狙い通り大きく扱っていましたからね。そして、日テレとフジに優劣をつけたくないと両局に気を遣ったためと言われています。最初に報じられたほうが扱いは大きくなりますから」

2022年に活動再開?

 それにしても、なぜジャニーズの若手ではなく、嵐メンバーで引き継ぐことになったのか。

「結局、ジャニーズの次世代グループを見回しても、かつてのSMAPやTOKIO、嵐のように、国民的アイドルと呼ばれるまでに成長しそうなグループは見つからなかった。嵐は昨年、活動休止を発表して以来、人気はさらに高まり、ファンクラブへの入会希望が殺到、レギュラー番組の視聴率も上がっています。YouTubeやInstagramの登録者も急増し、事務所にもかなりの貢献をしています。その後を受けられる若手は見当たらなかったわけです。さらに最近の相次ぐスキャンダルを重く受け止めた上で、若手起用は諦めたようです」

 確かに、嵐の後継を務めるのは大変だろう。

「結局、事務所としては、嵐を復活させたほうが早いというわけです。早ければ2022年初頭には復活させる計画があるようです」

 結成25周年となる、23年に再開と一部で報じられたことはあった。

「最近になって、嵐のメンバーが活動再開を匂わす発言をするようになっています」

 9月30日、「TOKIOカケル」(フジ)にゲスト出演した二宮和也は、

〈(結成)25年目とか30年目(の節目が)きっかけじゃなくて、25年目の時にもし戻ったとしても“22年目”としてやりたい〉

 10月1日、「櫻井・有吉THE夜会」(TBS)に出演した櫻井は、

〈(活動再開の)鍵を握るのは、大野って世間的な論調はあるけど、もしかして鍵を握ってるのは俺かもしれないし……〉

 2022年の活動再開は、意外と可能性もアリというわけか。

「もちろん、現時点で決まっている話ではありません。確証があるわけではありません。それでも嵐が帰ってきた時のことを前提として、新番組は誰が適当かという話になったのです。2番組に関しては、あくまで“つなぎ”的な意味で、櫻井と相葉に白羽の矢が立ったということなんです」

他のメンバーではダメ

 二宮和也の「ニノさん」(日テレ)をゴールデンに昇格させるという話もあったはずだが?

「しかし『ニノさん』を昇格させて、嵐が再始動したらどうなりますか? その時に『ニノさん』をまた昼間や深夜に降格させることになる。その時、動かす枠が残っているとは限りません。枠がなければ『ニノさん』を終了させなければならなくなりますよ」

 また単独のレギュラーを持っていない松本潤では?

「万が一、視聴率が悪い場合、彼のイメージが悪くなります。逆に、高視聴率となっても、嵐復活の際には、『ニノさん』同様、引っ越すか終了ということになってしまいます」

 なぜ、櫻井と相葉ならいいのだろうか。

「彼らは別のレギュラー番組を持っています。櫻井には『news zero』(日テレ)があり、相葉には『I LOVE みんなのどうぶつ園』(日テレ)、『相葉マナブ』(テレ朝)もありますから、新年からの新番組がたとえ視聴率が取れなくても傷にはなりにくい。むしろ、“つなぎ”と気楽に考えられるでしょう」

“つなぎ”にはメリットもあるという。

「日テレにとっても、フジにとっても、嵐再始動の際には、他のライバル局で新番組がスタートするのではなく、自分の局で再度番組を復活させる約束ができたわけです」

 枠を空けて待ってますよ、というわけだ。

「新番組を嵐のメンバーで継続し、番組スタッフも現在のスタッフのまま製作することにしています。お陰で、現在『嵐にしやがれ』や『VS嵐』をスポンサードしているクライアントに関して、“1年後には大野智が戻ってくるので、このままスポンサーを継続して欲しい”とも言えるわけです。コロナ禍では新しいスポンサーを探すのもままならない中、営業的にも非常に助かる」

 さらに、嵐メンバーによる継続を決めたことで、ファンには局のイメージも上がったようだ。SNSには以下のような書き込みもある。

〈日テレ、フジテレビ関係者さま/嵐にしやがれ、VS嵐/活動再開を視野に入れた番組編成をありがとうございます。〉

〈フジテレビさんも、日テレさんも、嵐が活動再開した時に戻って来れる場所を作ってくれてありがとう。/全然違う人達にってこともできたはずなのに、メンバーに託してくれてありがとう。〉

〈嵐がずっと守ってきた枠を誰にも渡さず死守することにしてくれたテレビ局さんに感謝しかないです 他の人の手に渡ったら活動再開してもすぐ嵐で番組が出来ないなと怖かったから、すごく安心した 再開後もすぐ嵐5人でわちゃわちゃしてるのが見れる希望が出来ました!!ありがとうございます!!〉

 さて、問題はいつ、大野が戻って来るか……。

週刊新潮WEB取材班

2020年10月20日 掲載