「人の心が読めたら、ちょっと素敵」と思わせるドラマ

 世間では「チェリまほ」と親しまれている人気のBL漫画を原作とするテレ東の「木ドラ25」の「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」。

 ***

 人の心の声が読めるようになったら、地獄だなと思っていた。もちろん、読まれるほうも地獄である。そう思わされてきた経緯がある。

 古くは『家族八景』『七瀬ふたたび』を書いた作家・筒井康隆のせいだ。人の心を読むことができる七瀬という女性が、どす黒い欲望や悪意に直面し、特殊能力をもつ悲劇を描いたSF小説である。

 思春期の頃に読んだ記憶があるので、かなり昔の作品だ。数多くドラマ化されてきたのだが、2012年・TBS系で放送した木南晴夏主演・堤幸彦演出バージョンがとても斬新だった。

 また、『サトラレ』を描いた漫画家・佐藤マコトのせいでもある。心の声がダダ漏れなのに本人だけは気づかない、「サトラレ」という特殊な病にかかった人の恥辱の地獄をコミカルに描いた漫画だ。

 これも映像化され、ドラマではサトラレの男性・里見をオダギリジョーが演じた(2002年・テレ朝系)。

 そういえば、「SPEC」(2010年・TBS)でも真野恵里菜がサトリというテレパスのキャラクターを演じ、アナザーストーリー「サトリの恋」まで展開していたのが記憶に新しい。

 これらを観てきた者としては、「人の心が読めたらいいのに」という憧れよりも「人の心が読めるという悲劇」のほうが根強い。なぜなら人の心はたいてい冗舌で毒舌、悪意に満ちているから。昭和から平成までエンタメの名作によってそう思いこんできた(ま、だから面白いのだけれど)。

 ところが、ここにきて異変が。「人の心が読めたら、ちょっと素敵やん?」と思わせるドラマが登場。

「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレビ東京系)である。

熟女たちが熱狂的な視線を送るイケメン町田啓太

 豊田悠の漫画が原作で、世間では「チェリまほ」と親しまれている人気のBL漫画だそう。

 テレパスと呼ばずに魔法使いと呼び、童貞をチェリーという言葉に変換する。可愛らしくなるよね。うまいよね。今の時代に合うよね。

 主演は赤楚衛二。三浦友和の息子に似た、もっさり感と昭和感のある俳優だと思っていたが、主演ともなると顔が変わるんだな。

 表情が柔らかくなって、とてもいい顔になった。その赤楚が演じるのは、30歳・童貞。誕生日を迎えた途端、人に触れると心が読めるようになっちゃったという役である。

 童貞の焦りというよりは、うだつのあがらない、誰からも必要とされない自分に対して、あきらめの境地に至っている男性・安達清。

 ふがいない自分に毎日落胆し、毎日自己否定の連続。会社の同期で、仕事もデキる人気者のイケメン・黒沢優一の活躍をまぶしそうに眺める日々。

 ところが、黒沢に触れた瞬間、自分に好意を持っていると気づく。え? 非の打ちどころのないエリートイケメンの黒沢が自分に恋をしている…?!

 人生最大級の困惑。どんどん伝わってくる恋心と優しさ。さえない自分の長所を認めて、理解してくれている黒沢の思いが嬉しい。戸惑いはやがて好意へと変わり、安達の自己肯定にもつながっていく……そんな物語である。

 で、このエリートイケメンを演じるのが町田啓太。熟女たちが熱狂的な視線を送るイケメン俳優だ。

 仲間由紀恵主演「美女と男子」(2015年・NHK)では敏腕女性マネージャーによってスターダムにのしあがっていく新人俳優の役を演じた。

 また、南果歩主演「定年女子」(2017年・NHK BSプレミアム)では、バツイチ53歳で再就職に奮闘する南に恋心を寄せるイケメン役を演じた。

 熟年キャリアウーマンにとって理想の男性像、という役が多かった。

赤楚と町田の王道A面、浅香とゆうたろうのコメディB面

 その後、志尊淳主演「女子的生活」(2018年・NHK)ではLGBTQに無理解・無神経なダメ男役を、有村架純主演「中学聖日記」(2018年・TBS)では婚約者を中学生男子にとられるっつう屈辱を味わう男性役と、幅を広げてきた。

 ここにきて、ドーン、ド直球BL! いい流れである。

 ちょっと素敵やん? と思わせるのは、赤楚も町田も配慮ができるいい人で、心の声を読むほうも読まれるほうも優しさに満ちているからだ。

 漫才でいうなれば、ぺこぱ。決して悪く言わない、むしろ善意に見事に転換するというネタだ。そんな空気感が実に今っぽくて、観る者をイヤな気持ちにさせないのだ。

 いや、そんなわけあるかーい! と心が汚れた人間は一瞬思ってしまうが、ここに出てくる人々は実に純朴で優しい。

 優しさと善意を丁寧に重ねていくことで完成する、男性同士の純愛。現実は反吐が出そうな男性優位社会で、心が荒んだ女性たちが深夜のテレ東で癒される時間として大成功しているのだ。お客さん、つかみましたね。

 で、赤楚と町田のカップルだけではない。もう一組いる。

 安達の親友で同じく魔法使いになったのが柘植将人。演じるのは二枚目バイプレイヤーの浅香航大。

 斜に構えた物言いで大人ぶるが、実は童貞でうっかり魔法使いになっちゃった設定だ。

 飼い猫のうどんを介して、宅配便男子・綿矢湊(演じるのは超絶可愛いゆうたろう)の心の声を聴いてしまったことから、胸のざわつきとときめきが始まる。

 浅香の困惑っぷりはコミカルなので、赤楚と町田の王道A面、浅香とゆうたろうのコメディB面と、緩急ついた2種の味わいがある。

BLの世界を邪魔しない、寛容な女の存在は大きい

 心の声が基本的に「相手の魅力や長所を理解している」ので、自己肯定感の低い人間はそれだけで恋が始まっちゃうわけよね、男とか女とか関係なく。

 恋愛というよりも、自己評価の回復と向上に貢献しているあたりが、今の若い人にはなじみやすいのだと思う。

 BLには女性不要と思いきや、ちょうどいいスパイスとして同僚女性(佐藤玲)や元カノ(野崎萌香)も登場。特に、佐藤は傍観者というか、オブザーバーとしての役割を果たしている。

 恋愛に興味がないという立ち位置にしたのも、絶妙な計算だと思った。恋愛にまったく興味がないのに、興味がある「普通の女」のフリをして生きている。

 彼女は彼女で、「男と女が対であるべき世界」に息苦しさを覚えているのだ。BLの世界を邪魔しない、寛容な女の存在は大きい。

 男性同士の恋愛を愛でる文化は、想像以上に猛威を振るっているなあと感じる今日この頃。WOWOWではタイのBLドラマ「2gether」も放送し始めた。

「おっさんずラブ」のBLコメディ路線が大成功したし、BLを深夜枠だけにとどめていてはもったいない、とテレビ局は思い始めるかどうか。この作品にかかってくるかもしれない。

吉田潮(よしだ・うしお)
テレビ評論家、ライター、イラストレーター。1972年生まれの千葉県人。編集プロダクション勤務を経て、2001年よりフリーランスに。2010年より「週刊新潮」にて「TV ふうーん録」の連載を開始(※連載中)。主要なテレビドラマはほぼすべて視聴している。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年11月12日 掲載