現在、水谷豊主演で『相棒』のseason19が放送中だ。本作が初めて放送されたのは2000年6月3日のことだった。つまり、今年で記念すべき放送20周年を迎えたというワケである。

 長きにわたって続く人気シリーズだけに、今となっては「えっ!この人がこんな役で出ていたの!?」と驚愕させられるような人気俳優・有名女優が出演しているのだ。そこで今回は、無名時代に『相棒』にゲスト出演していた意外な俳優陣・女優陣を登場順に紹介していきたい。

 まずは現在放送中のNHK大河ドラマで織田信長を演じている染谷将太だ。出演したのはseason1(2002年)の第5話『目撃者』。当時はまだ10歳、子役時代のことだった。この回で染谷少年は、天才的なトリックで教師を殺害した手塚守役を演じている。「相棒」史上、最も若い犯人ということになる。

 NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』や『民王』(テレビ朝日系)などでお馴染みの高橋一生は、season4(05〜06年)の第4話『密やかな連続殺人』と第5話『悪魔の囁き』の2話完結ものに出演した。精神科医・内田美咲の助手である安斉直太郎を演じている。内田は元・予備校講師の村木重雄の担当医師なのだが、実は村木は連続殺人犯であった。警察に追いつめられ、第4話のラストで飛び降りて命を絶ってしまうのだが、彼が行ったとされる10件の連続殺人のうち、3件だけは別の人物の手による犯行の可能性が浮上した。その3件の殺人事件の犯人が、安斉だったのだ。最初はとても真面目な好青年然として登場しただけに、犯人とバレたあとのサイコパスな演技がなかなか怖かった。

 同じくseason4の第13話『最後の着信』には今やauのCM『三太郎シリーズ』での浦島太郎役でもお馴染みの人気俳優・桐谷健太が出演している。当時、まだ無名だったせいか、演じた脇幸太郎は前歴者にして覚せい剤の売人で、しかもすぐに殺されてしまうという哀しさであった。とはいえ、関西弁を話す丸坊主という風体だったので、インパクトがかなりあった。

『孤独のグルメ』(テレビ東京系)シリーズの井之頭五郎役が当たり役となった松重豊もseason4の第17話『告発の行方』に登場している。遺体となって発見された記者が記事を書いていた雑誌の編集長・栗又幸治役を演じた。コワモテのうえにかなり強引な手法を使う雑誌編集長というインパクトのある役柄であった。

 season5(06〜07年)の第12話『狼の行方』に出演していたのは、『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)の“イヤミ課長”でブレイクした木下ほうかである。誘拐事件がメインとなるストーリーのなかでストーカーと化す会社員・神崎哲哉を演じた。ベタな描写ではあるが、彼の部屋にはターゲットの写真が一面に貼られていてなかなかヤバい。まさにイメージピッタリで見事にハマっていたのであった。

無名時代のムロツヨシ

 高学歴の知性派タレントで“ソフ鉄”ファンとしても知られる村井美樹は、season6(07〜08年)の第9話『編集された殺人』に出演している。スナックのママがマスターである夫を殺害した事件の裁判で、検察官による取り調べの映像が検察側の証拠として提出される。村井は、スナックでアルバイトしていた三島陽子役を演じた。ところが、裁判直後に殺されてしまうのだ。マスター殺害の事件と三島殺人事件との関連性を探るため、特命係が動き出す……というお話であった。

 season7(08〜09年)の第7話『最後の砦』には、ムロツヨシが出演している。この回は今や名脇役として大活躍中の鈴木浩介も所轄で取り調べ監督官の下柳努役で出演しているのだが、かたやムロはというと、クレジットに名前さえない。演じたのはとあるマンションの住人役で、最後にチョロッと出て来て簡単に逮捕されてしまう事件の真犯人であった。

『HERO』(フジテレビ系)の第2シリーズでキレ者の女検事を演じてブレイクした吉田羊は、season9(10〜11年)の第9話『予兆』に出演した。ブレイク後の現在はショートカットのイメージが強いが、このときは清楚感満載のストレートなロングヘアだった。現在とはまるで別人に見えるので、じっくり見ないと彼女とは気づかないほどだ。もっとも、演じた藤崎真弓子は警察官である夫の浮気を疑って、その不倫相手を殺してしまうという哀しい人妻であった。

 NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』で成金大富豪を演じて一気に知名度を広めた吉田鋼太郎は、season10(11〜12年)の第1話『贖罪』で登場した。城戸充は15年前に殺人罪で有罪となり、出所後にえん罪を訴えて自殺してしまう。この自殺の謎に迫るストーリーのなかで吉田が演じたのは15年前の裁判を担当した裁判長で、現在は大学教授となった大森誠志郎であった。

 12年の元日スペシャルで放送されたseason10の第10話『ピエロ』は、相棒ファンの間では歴代屈指の名作との呼び声が高い。この回でピエロに扮して子供たちを誘拐した犯人・速水智也を演じていたのが斎藤工である。知的でクールで頭のキレる犯人役をスタイリッシュに演じたその姿はまさに“カッコいい敵役”であった。

ブレイク前の広瀬アリスや伊藤健太郎も

 NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』の主人公・白岡あさ役でブレイクし、今や連ドラの主演女優として活躍中の波瑠は、season11(12〜13年)の元日スペシャルとして放送された第11話『アリス』でヒロイン・二百郷茜を演じた。

 杉下右京と旧知の仲だった二百郷朋子がロンドンで息を引き取った。その臨終に立ち会った弁護士から右京に、いまわの際に朋子が発した謎の言葉が伝えられる。それは現在の二百郷家の当主である茜に身の危険が迫っていることを知らせるものであったことから、特命係が捜査に乗り出すことに。そこから茜の住む旧早蕨村で昭和30年のクリスマスイブに起きた少女失踪事件が絡んでいくのだが、その失踪した少女・瑠璃子を演じたのが広瀬アリスなのである。

 当時の彼女は18歳でまだブレイク前だったが、まさに“深窓の令嬢”という雰囲気を醸し出し、物語に華を添えている。この回にはルポライターで実は真犯人だった遠野弘明役に滝藤賢一が扮している点も注目だ。

 朝の連続テレビ小説つながりでいえば、season11(12〜13年)の第14話『バレンタイン計画』に『わろてんか』の主人公・北村てん役でブレイクする前の葵わかなが出演している。事件の舞台となる私立中学校の女子生徒・高村奈津役だった。またこの回には同じ中学校の男子生徒・藍沢祐介役を現在人気急上昇中のダンスロックバンド・DISH//のリーダー、北村匠海が演じている。事件のカギを握りつつも、意識不明の重体となる役どころであった。

 変わり種ではseason15(16〜17年)の第3話『人生のお会計』に登場したROLANDだろう。まさにそのままのホストクラブのホスト役で少しだけ出演しているのだが、しっかりとシャンパンタワーをやっているのが笑える。

 season16(17〜18年)の第16話『さっちゃん』で事件の舞台となった消費者金融の代表・葛西武を演じたのが、今や個性派俳優としての地位を確立している小手伸也である。放送日が18年2月14日。彼の知名度を広めるきっかけとなった『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系・18年4月クールの作品)のまさにスタート直前での出演だった。

 最後にもう1人特別に紹介しておきたい。先日、ひき逃げのなどの疑いで逮捕された伊藤健太郎も、まだ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)が大ヒットする前のseason16・第10話で元日スペシャルの『サクラ』に出演している。

 演じたのは、発砲事件に関係していると見られ、半年以上前から行方が分からなくなっている3人組の高校生のリーダー格・上条喬樹だった。この放送の約7カ月後の18年6月30日に芸名を伊藤健太郎と改名しているため、放送当時は旧芸名の“健太郎”で出演している。

 『相棒』では犯人や事件のカギを握る人物役に、今後注目の若手女優や、テレビドラマ中心の活動ではないものの、舞台活動などで根強い支持をするファンを獲得している女優をキャスティングするケースが多い。今後も出演した後に有名になる俳優が続出するだろう。

上杉純也

週刊新潮WEB取材班編集

2020年12月3日 掲載