ストックオプション16億円分

 TBS系の報道番組「NEWS23」でメインキャスターを務める小川彩佳さん(35)の夫である医療ベンチャー「メドレー株式会社」代表取締役(当時)で医師の豊田剛一郎氏(36)が、緊急事態宣言の最中、愛人女性と密会を重ねていたことを、週刊文春が報じた。小川アナが妊娠・出産・育児、そして仕事をこなす一方で、夫の豊田氏は愛人女性(35)と逢瀬を重ねていたという。緊急事態宣言下、医療系企業の億万長者社長による情事を世間はどう思ったか? 徳光正行がレポートする。

 ***

 緊急事態宣言下で、政治家の皆さんの無自覚な行動に口をアングリどころか憤怒していらっしゃる方も多いと思いますが、政治家だけではありません。

 ハイスペック上級国民の方もなかなか無自覚でございます。

 そのお方と申しますのは医療ベンチャー企業、株式会社メドレー代表取締役(当時)豊田剛一郎さん。

 3年ほど前に知り合った愛人と逢瀬を重ねていらっしゃったのを文春に書かれてしまったわけですが、奥様は、毎晩お茶の間にニュースを届けてくださる小川彩佳さんです。

 まずは当事者である豊田剛一郎さん。開成高校卒業後に東京大学医学部に進学、脳外科医として都内の病院に勤務した後に、外資系コンサルティング会社のマッキンゼーに勤務。

 その後、中学校時代の同級生が創業した株式会社メドレーの共同代表に就任、2019年12月にはメドレー社を東証マザーズに上場。同社が手がけるオンライン診察システム関連がコロナ禍もあって伸び、株価は右肩上がりに。

 発行済み株式の11.6%を保有なさる豊田さんの含み益はおよそ180億円というスーパーエリートでありますが、今回の騒動を受け、2月3日付けで代表取締役辞任、さらにストックオプション16億円分を放棄されました。

エリートって、ハイスペって

 一方の奥様の小川彩佳さんは青山学院大学を卒業後、アナウンサーとしてテレビ朝日に入社なさって、「報道ステーション」サブキャスターを7年間務めた後に少々時間を置いてフリーに転身し、まさかの裏番組であるTBS「news23」のメインキャスターへジャンプするという離れ業をやってのけました。なかなかのものでございます。

 そしてお2人は共通の知人を介して知り合い、2019年7月16日に入籍。

 なにか結婚披露宴の司会者のような御両人の紹介になってしまったのですが、豊田剛一郎さんはこの結婚のタイミングのほぼ1ヶ月後から、今回の不倫の渦中の人・A子さんと愛人関係となったそうです。

 昨今、不倫は刑事罰のない犯罪のように扱われていますが、医療関係者が新型コロナ禍、しかも緊急事態宣言中に他所のお宅で奥様以外の方と濃厚接触をしてしまったら、これは目も当てられません。

 さらにお2人には生まれたての乳児がいるとなっては、言語道断と言われても仕方がありませんね。

 そしてこの不倫発覚後、1番嫌な思いをしたであろう小川彩佳さんが謝罪コメントを寄せるという始末……。

 私など、これは「旦那としてどうよ?」なんて思ってしまったわけですが、世の皆さまも様々な見方をしていらっしゃるようなので、その声をお聞きいただきたく思います。

「奥さんが夜のニュース番組を担当しているから、夕方くらいに出勤するわけですよね? それで奥さんが出て行ったら赤ちゃんを残して別の女に会うなんて、どれだけエリートだろうが許せないですね。人の心がないって言うか、そんな人が勧める遠隔医療なんて信用できません。とにかく最低だと思います」(33歳既婚女性・金融機関勤務)

「綺麗事で固めたような人生を送った人たちの醜聞って間抜けですね。なにがハイスペックだ、エリートだって思います。結局やらしいことばっかり考えてるんだろって。でも、あれだけ金があったら自分も妻以外の女を作っちゃうかなって思ってしまったりします」(46歳既婚男性・建設会社勤務)

トロフィーワイフ

 豊田氏に厳しい意見が続きますが、一方でこんな見方も。

「旦那はただ単に女子アナっていうトロフィーワイフが欲しかっただけなのかな。愛人女性とは奥さんと出会う前から知り合い? それで入籍と不倫スタートが同時期? 愛人女性としては面白くなかったのかなぁ」(44歳既婚男性・不動産業)

「“今までの医療のあり方は古過ぎる、自分が医療を変える”なんて風呂敷広げてた医療関係者が、緊急事態宣言中に不倫密会ってどういうことだよと思いました。小川彩佳さんも気の毒ですが、メドレーの人達も相当な被害を被りますよね。自分がしたことがどういうことか深く反省して欲しいです」(42歳独身男性・IT企業勤務)

「普通の人の数十倍稼ぐような人は何人か愛人がいても良いんじゃないって思ったりしますよ。だってそういう人ってそれくらい甲斐性がありますもん。ただ、それを容認してくれる本妻を選ばなきゃいけないとは思うけど」(36歳独身女性・飲食店勤務)

「本当のスーパーエリートでも不要不急の外出の意味を履き違えることあるんですね。でも旦那の肩を持つわけじゃないけど、女子アナと生活を共にしたら疲れそう。承認欲求と自己顕示欲が強そうで息が詰まりそうじゃないですか。もちろん結婚を選択したのは豊田さん自身なんですけど」(42歳既婚男性・メーカー勤務)

「この愛人さんと居る時の方が安らげたんですかね。そんなのは言い訳にはならないけど。これからどうするんだろ?」(34歳未婚女性・飲食店勤務)

「小川さんも(以前交際していた嵐の)櫻井くんと結婚できてれば良かったのになーって思いました。あの旦那、世間も女も見下していそうじゃないですか? なんかいろいろと小川さんがかわいそう。離婚するのかなぁ」(30歳未婚女性・美容部員)

 これからどうする? とか櫻井くんとの一件は余計なお世話ではありますが……。

理屈では割り切れない感情?

「いつも思うんですけど、不倫とか浮気って夫婦の問題じゃないですか? もしかしたらそんなの承知の上で結婚している人もいるかもしれないですよね。この夫婦がどうかはわかりませんが。現に私の知り合いの奥さんで夫の不倫を容認している人いますよ、女作っても本妻の座は譲らない、その分自分は贅沢させてもらうって人」(49歳既婚女性・美容会社経営)

「有名人と結婚してしまったばっかりに、こんなにマスコミに取り上げられちゃって。まあ経歴も凄くてプライドも高そうだから、自分の嫁はこれくらいの立場の人じゃないととか思ってた人なんでしょうね。今更後悔してもしょうがないけど、一生背負っていくんだろうなー。でもこういう人はほとぼりが冷めたらまた不倫するのかな? 何しろお金はうなるほどあるし。今度こそミスらないとか思って」(49歳既婚男性・広告業)

 では最後に、飲食店を経営なさっている女性のお言葉です。

「この記事を読むかぎり、ご夫妻ともに日本では浮いてしまうタイプなんじゃないかな? 例えばですが、“夫婦で話し合って何でも解決しましょう”みたいなことをお互いに言って、感情面も理屈で解決しようとしてたんじゃないかな。でも、そういうのって女は無理ですから。理屈の裏にやはり感情が入ってしまうもの。男もそれをストレスに感じていたところもあるでしょう。小川さんが割と細かくてうるさいタイプで息が詰まるんだったら、気軽で自由にやりとりできる相手を求めるのは自然な流れかなとも思いました。愛人には感情面もしっかりと受け入れて貰ってるとも思っていたし、実際そういう時期もあったんだろうけど……」

 愛人女性側にも、“理屈では割り切れない感情”というのがあったということになるでしょうか。

徳光正行(とくみつ・まさゆき)
1971年12月生まれ。茅ヶ崎市出身。日本大学芸術学部在学中よりミュージシャンを目指すが、父の病により断念。その後、司会業やタレント業に従事する。また執筆活動にも着手し『伝説になった男〜三沢光晴という人〜』『怪談手帖シリーズ』などを上梓。1月28日、『現代怪談 地獄めぐり 羅刹』(竹書房文庫)を出版。現在YouTube「徳光ちゃんねる」でも活躍中。

デイリー新潮取材班編集

2021年2月6日 掲載