八代亜紀(70)のデビューは1971年9月である。大ヒットした「舟唄」や「雨の慕情」などの演歌はもちろん、バラード調の「花 (ブーケ) 束」、はたまたジャズ歌手として世界デビューも果たし、今も活躍の場を広げている。デビュー50周年の昨年は、全国津々浦々を巡るコンサートツアーが予定されていた。そこへ降ってわいたのが新型コロナの感染拡大だった。八代本人がこの1年を振り返る。

 ***

八代:デビュー以来、毎年、何百ステージもこなしてきましたから、こんなにコンサートをしない1年なんて初めて。

――しかも、昨年はデビュー50周年という節目の年だった。

八代:50周年では、これまでの感謝を込めて「ありがとう行脚」をしようと思っていたの。これまで行けなかった地方のいろんな所へ。山奥の小さな村とかにも足を運んで、コンサートをしたいなと思っていたんです。北海道から南下する予定でした。

――それでも1月、2月までは順調だった。

八代:その頃はまだ国内で新型コロナウイルスが広まっていなかったので、北海道では津々浦々でコンサートができました。でも、2月末だったかしら、北海道では最後の稚内での公演は中止になってしまいました。その後は、ほとんどが延期か中止に……。

――昨年10月、ようやく開催したコンサートは無観客となった。

コロナ禍のライブ対策

八代:お客さんが入るコンサートは11月から再開しました。ホテルのディナーショーですから、通常のコンサートよりも客席数は少ないのですが、席の間隔を空けるため、座席を少なくして。お客さんもホテルのスタッフの皆さんも私たちも、ソーシャルディスタンスを取って、間にはアクリル板を入れて、本当に厳重、厳戒に対策して本番に挑みました。そんなディナーショーも初めての経験でした。

――ディナーショーは、11月に浜名湖(静岡)、12月に横浜と佐倉(千葉)で開催されたが、ファンにとっても初めての経験だったろう。会場入り口での検温、手指消毒はもちろん、食事中の会話は控え、食事が済んだらマスク着用をお願いされる。本番中に声を発することも控えるようアナウンスがされたという。

八代:普段なら私のディナーショーって、「雨の慕情」や「舟唄」といったヒット曲の間に、ジャズやロックアレンジの曲を入れたセットリストで、お客さんが盛り上がって、泣いたり笑ったりするんですよ。手拍子もすごいし、「亜紀ちゃーん!」て声も飛ぶ。だけど今回は、ショーのはじめに「絶対にマスクを外さないでね」と私からもお願いして、「『亜紀ちゃーん!』って声かけもなし。でも、拍手ならOK!」、「今日のコンサートの感想は、帰るときに言い合っちゃダメよ。家に帰ってから話してね」なんて言ってました。

ライブ配信もスタート

――きちんと守られたのだろうか。

八代:私のお客さまはちゃんとしてくださいました。声は出さずに、拳を振り上げたりとか、工夫して下さっていました。ステージからお客さんの表情はよくわかるものなんです。みんなマスク越しで、顔の下半分は見えないけれど、皆さまが本当に「待ってた!」
って感じの表情でした。チケットはおかげさまで完売だったそうです。嬉しかったわ。

――ディナーショーは配信もされた。

八代:オンライン配信も初めての試みで、おうちでリアルタイムでライブが見られるんです。冷凍されたホテルのお料理をお届けするプランもありました。おうちでディナーショーね。それから、ホテルのお部屋でルームサービスのフルコースを楽しみながら、配信のライブを楽しんで頂くというプランもあったんです。これからはコンサートもディナーショーも在り方が変わってくるのかもしれませんね。

――介護施設向けのライブ配信もスタートした。

八代:「ありがとう行脚」の一環でね、会場に足を運ぶことができない方にも、コンサートを見てもらってます。「リモート配信でもいいから、亜紀ちゃんの顔を見たい」という声がありまして、先日の配信では計22カ所、4000人くらいの方が視聴して下さったそうです。画面越しに、「亜紀ちゃん、亜紀ちゃん」て、泣きながら呼んでくれているお婆ちゃんや、“♪雨、雨、降れ降れ”って、みんなで一緒に振り付けをしてくれるのも見えるんです。これからもライブ配信は続けていきたいです。

――そうはいっても、コロナ禍で自宅にいる時間は増えたという。

八代:私、コンサートでは上手から下手まで走り回るから、運動量がすごいんです。でも去年はそれがなくなっちゃったので、運動不足になっちゃって。できるだけ“ながら運動”をするようにしました。歯磨きをしながらスクワット100回とか、テレビを見ながら手足をバタバタさせたり。就寝前と起床後には、ベッドに寝たまま手足を垂直に上げてブラブラ、100回くらい揺らすと血行も良くなって目覚めも良くなるの。お勧めします。

――趣味の絵画も欠かさない。

八代:アトリエに行ければ、油絵も描きますけど、なかなか行けないでしょ。だから自宅では水彩画や色鉛筆画、デッサンもたっくさん描きました。外に出られないので、この数ヶ月で50点くらいでしょうか。

――コロナ禍での芸能活動をどう考えているのだろうか。

八代:海外では、歌手や役者といった芸術を仕事にしている方のための公的支援があるそうですね。日本にはそういう仕組みはありませんから、エンタメ業界にも支援が欲しいなと思う時もあります。新人の歌手は活動の場が少なくなってしまって可哀想です。
だから私に出来ることとして、私の番組「八代亜紀いい歌いい話」(BS11[イレブン])に、新人の歌手の活動の場として、いろいろな方々に定期的に出演していただいています。
 コンサートやディナーショーは、開催するほうも真剣に対策するし、お客さまも最大限気をつけてもらいたい。私はステージから「自分がうつさない、自分がうつらないという気持ちで一人一人頑張ろうね」って声をかけています。

デイリー新潮取材班

2021年2月13日 掲載