「ニュースJAPAN」などのキャスターを務めていた元フジテレビのアナウンサー・大島由香里(37)の初写真集『モノローグ』(講談社)が22日に発売された。大人の女・大島の魅力が満載。セクシーショットもふんだんに収められている。本人に話を聞いた。

 ***

 大島は成城大を卒業後の2007年にフジへ入社すると「ニュースJAPAN」「新報道2001」などの報道番組を担当した。小顔美人でアナウンスの歯切れも良く、フジのニュースの顔となる。だが2017年に退社。現在はフリーアナとして活動する。

 フリーだからこそ出来ることは多い。この初写真集『モノローグ』の出版もそうだろう。出した感想は?

「出来上がる前は『本当に出来るのか』『誰か買ってくれるんだろうか』という心配が結構大きかったんですけど、出来上がった写真集の厚みと重みを実際に見て感じると、もうドキドキ。喜びと興奮しかないという感じです」

 担当が報道番組だったため、フジ時代はコンサバティブな服装で画面に登場していたが、写真集では一変。トライアングルビキニ姿、ランジェリー姿、背中の開いたレオタード、ボディスーツ姿などを披露。脱いでいるわけではなく、過激なまでの露出度でもないのだが、見る側をドキリとさせる。なぜだろう?

「私の中ではもうフルフルに露出しているくらいの気分なんですよ(笑)。逆に、全部出すよりも恥ずかしかったかも知れない。服を着たままお風呂入って、その服がスケスケになるという写真もあるんですが、そんなシチュエーションなんて普通に生きていたら、あり得ませんからね(笑)。撮影中はそんなに恥ずかしいという思いはなかったですけど、出来上がった写真集を見ると、なんか面白いなって」

 フジを退社するまでは写真集を出すなんて想像できなかったのでは?

「頭の片隅のニューロンの1本にもなかったです(笑)。昨年の前半までは思ってもみませんでした」

 まず昨年夏、週刊誌からグラビアへの登場を勧められたとか?

「ええ。お引き受けしたのは、女性の先輩の多くが『若いうちにきれいな自分を撮ってもらい、残しておけば良かった』と言っていることが大きかったですね。グラビアが出たら、また先輩たちが『実は私も撮っておけば良かったって思っている』と言ってくれて。男性は全然見てないのかなって思ったんですけど、フジの番組に出たら後輩の男性アナがニヤニヤしながら『グラビア見ましたよ』って(笑)。男性が本人に感想を言うのはハードル高いのかなって思いました。その後、グラビアと同じスタッフさんから『写真集はどうですか?』というお話が来たんです」

 その後、数週間考えた?

「グラビアだけでサクッと引き上げるというのも選択肢かなと思ったんですよ。でも、このご時世にわざわざ紙に印刷し、未来永劫残る本にしてくれて、世の中に売ってくださるなんて、ありがたいなと思い、お引き受けしたんです。写真を残しておくことが自分の中で喜ばしい記念になることもグラビアで分かりましたから。写真集という本になった時、私は何を思うのだろうという興味もありました」

 写真を見ての感想は?

「普通に生きていたら着ることのない衣装を着て、光の具合、部屋の様子などをうまく重ね合わせると、こんな世界観の写真になるのか、と思っています。芸術というか、スタッフさんの経験値とか技術というのは本当に凄いですね」

写真集が転機に

 撮影は沖縄で3日間の日程で行われた。その間、使われた衣装は約20着。「かなりギチギチ(のスケジュール)で撮りました」(大島)。沖縄なのでビーチの写真が目立つが、皮のスーツを着込み、ハーレーダビッドソンに乗っている写真も。ライダーなら誰もが憧れる大型二輪免許を持っている?

「はい。撮影でバイクにようやく乗れました。コロナもあって、このところ全然乗れてなかったんですよ。今は自分のバイクは持っていないんです。以前はホンダのCB400に乗っていました」

 写真集はどんな人が買う?

「『ニュースJAPAN』を見てくださっていた層って、40代から60代の男性が多かったので、それくらいの年代の方は私の存在を知ってくださっているのかな、という思いがあります。あと、ニュースの時とのギャップという意味で興味を持ち、買ってくださる方もいるのかなという気がしています。ただ、そういった方に限らず、男性も女性も年齢層も関係なく、ご覧になっていただけたら」

 フジ退社から丸3年。これからの展望は?

「この写真集がまさに転機だと思っているんです。今までの自分とこれからの自分の節目というのが今回の写真集かなって思っていて。かなり長い間、ニュースをやらせてもらっていたので、どれだけバラエティーをやってもニュースのころの記憶がベースとしてずっと残ると思うんです。それをマルっと変えるというより、それにプラスして、こんな面もある、そんな面もあると発見してほしいのが、この写真集なんです。こんな顔もするんだなとか、そんな服も着るんだなとか、こういう表情するんだとか。新しい一面を知ってもらい、幅を広げるきっかけになったらと思っているところです」

 ドラマ「バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜」(テレビ東京)の1月29日放送の第4話にゲスト出演した。女優業に力を入れるつもりは?

「三言くらいセリフのある役でしたが、今まで過ごしたテレビの世界とは思えないくらい、現場の空気や撮り方、やり方の全てが違いましたね。まずはその現場の空気に慣れることが一番の仕事でした。あの空気というのが分かってきた時に、あらためて挑戦したら、お芝居が面白いと思えるきっかけが、もしかしたらあるのかもしれません」

 故・野際陽子さんやフジの先輩・山村美智(64)らアナ出身の女優の数は少なくない。興味はある?

「興味は大きいです。大きいですけど、それこそ写真集くらい未知の世界ですから(笑)。ただ、これからお仕事の幅を広げていく中で、お芝居との出会いやチャンスというものがあるかも知れません。あるとしたら、そこは逃さず攻めていきたい。今までの大島とちょっと違うよと。自分を強く打ち出す力みたいなものをこの写真集の仕事によって得たので、前のめりに挑戦したいと思っています」

フリー転身、「すっごい楽しい」

 フリーアナに話を聞くと、その大半が会社を辞めて良かったと言う。一会社員なのにタレント並みに注目を集めるという矛盾した立場から開放され、自由が得られるからだ。大島の場合は?

「正直、すっごい楽しいです(笑)。でも、別にそれは会社をけなしているとかじゃなくて、私の性格上、思い立ったことを思い立った時にやりたいので。それと今のように選択肢がありすぎたり、チャレンジの幅が広すぎたりするくらいのほうが私には合っている気がしています。やりたいことができないとか、仕事もないのに会社にいなきゃいけないとかっていうのが私の中では凄く消化不良でしたね。傍から見たら『将来大丈夫なの?』という心配があるかもしれないですけど、本人が一番楽観的です(笑)」

 ビアテイスターの資格を持つ。ビールの出来の良し悪しを鑑定し、その理由を理論的に説明できる人が得られる資格だ。飲むのも好き?

「ええ。放っておくと、ずっとビール飲んでます(笑)。体型のこともあるので、写真集撮影の前2、3週間は控えましたけど。ロング缶2本くらいだったら全然平気です。350ミリ缶の6本セットを買って、6本開けるところからスタートですね(笑)」

 現在はシングル。新たな恋は?

「そればっかりは……『じゃあ恋します』と言って出来るものじゃないので。ご縁があればうれしいですけど、というくらいです」

◆大島由香里(おおしま・ゆかり)1984年1月24日、神奈川県平塚市生まれの37歳。成城大学経済学部卒。2007年、フジテレビ入社。2016年、長女を出産。2017年、フジ退社。現在はシングルマザーとして育児に奮闘。TOKYO MX『バラいろダンディ』(月〜木曜午後9時)のアシスタント。JFN系FM13局の『ECO LIFE〜幸せのヒント〜』パーソナリティー

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年2月23日 掲載