ゲスト出演で話題

 2月18日、TBS系列で「櫻井・有吉THE夜会」(木・22:00)が放送された。MCの櫻井翔(39)と石橋貴明(59)が番組で対談を行うと、大きな反響があった。

 ***

 人気番組の場合、スポーツ紙の電子版が、放送された内容から1つのトピックを選んで記事にすることが多い。

 今回「THE夜会」でも同じことが起きたのだが、その本数が凄い。少なくともYAHOO!ニュース上では10本にのぼった。

 全てを紹介すると煩雑になるため、3本をピックアップし、見出しだけを引用させていただく。

◆「石橋貴明『うたばん』の嵐“下克上コント”秘話語る『中居への「恨みつらみ」を代弁してもらおうと…』」(スポニチアネックス:2月18日)

◆「石橋貴明、苦笑…木梨憲武と『全然会ってない』 2人の関係性を包み隠さず明かす」(同:2月19日)

◆「石橋貴明“戦力外通告”にボロボロ『精神的によくなかった』」(デイリースポーツ:2月19日)

 これほど芸能マスコミの注目を集めたのは、終わったと思われていた石橋が奇跡の復活を果たしたからだ。

YouTubeで復活

 民放キー局で、バラエティ番組の制作に携わるスタッフは「ネットニュースの数には驚きました」と言う。

「1月31日に放送された『情熱大陸』(毎日放送制作・TBS系列・日・23:00)にも石橋さんは出演し、こちらも大きな話題になりました。

 今さらながら、テレビ業界では石橋株が急上昇しています。『オワコンと起用しなかったのに、急に手のひら返しの出演依頼というのは節操がなさすぎる』とスタッフも苦笑しています」

 テレビマンのプライドはないのか、恥ずかしくないのか──こう言いたいところでもあるが、それなりの事情があるという。

 まずは、石橋のYouTuberとしての大活躍だ。公式チャンネル「貴ちゃんねるず」は2月23日現在、登録者数は何と約156万人だ。

 同じく芸人からYouTuberに転進した宮迫博之(50)の場合、「宮迫ですッ!」の登録者数は約135万人だ。

「情熱大陸」効果

「貴ちゃんねるず」のトップページでは同日現在、「24分間テレビ〜石橋が地球を救うかも」(末尾:註1)の動画が紹介されている。タイトルだけで吹き出す人は少なくないだろう。

「これほどの成功を収めると予測していたテレビ関係者はいなかったと思います。おまけに『情熱大陸』の出演もインパクトがありました。

 あの番組は芸能人にとっても業界人にとっても、“ステータス”の高い番組です。出演すると、確実に“タレントランキング”は上がります。

 そんな番組に石橋さんが出演し、“戦力外通告”を受けた心境を赤裸々に語ったのです。これは確かに話題になります」(同・スタッフ)

 更にバラエティ番組の場合、「石橋さんはゲスト出演しない」という“定説”もあったという。

「そもそも、とんねるずの2人がゲスト出演するのは、音楽番組だけだと言われていました。おまけに石橋さんの場合、ギャラも高額です。

 たとえ企画会議で提案されても、『無理だろ』、『出るわけがない』と一蹴されることが珍しくなく、実際にオファーしてみた番組は皆無だったのではないでしょうか」(同)

石橋の“方針転換”

「情熱大陸」と同じように、「THE夜会」も放送内容の面白さがスタッフの間で話題になったという。

「あの石橋さんが自分のことを“真面目”に話しているわけですから、それだけでも好印象を持ってしまいます。

 一番の見どころはネットニュースでも話題になりましたが、木梨憲武さん(58)との関係を語ったところでしょう。『友達じゃない』、『全然会ってない』との発言を引きだしたのは、さすがでした」(同・スタッフ)

 ここにきて石橋がゲスト出演を立て続けにこなしているのは、“方針転換”が行われた可能性があるという。

「多分、石橋さんはギャラを下げ、ゲスト出演を解禁したのだと思います。これを喜ばないスタッフはいないと思います。

 日テレ系列なら『しゃべくり007』(月・22:00)や、『おしゃれイズム』(日・22:00)があります。

 テレ朝なら『徹子の部屋』(平日・13:00)が面白いでしょう。フジなら『VS魂』(木・19:00)から声がかかってもおかしくありません」(同)

次なる一手は?

 一方、木梨はラジオのレギュラー番組を持ち、地上波のバラエティ番組にもゲストとして定期的に出演している。この差は何なのだろうか。

「木梨さんは芸術家やミュージシャンとしての側面がありますから、多分、プロモーションという意味合いも込めて出演しているのだと思います。

 宣伝ということになると、ギャラも抑えてもらうことができます。これが石橋さんとの差になったのでしょう」(同)

 もちろん、石橋がどんな番組でもゲスト出演するとは考えにくい。「情熱大陸」も「THE夜会」もドキュメンタリー色が強く、本物のバラエティ番組に出演したわけではない。

「フジテレビと系列の9局が放送している『石橋、薪を焚べる』(水・0:25)は視聴率が惨敗していることで知られています。

 石橋さんでも地上波の場合、自身の冠番組では視聴者をあまり呼べません。ところがゲストだと新鮮なイメージがありますから、関心が高まるということなのでしょう。今後、どんな番組に石橋さんがゲスト出演するかという”戦略”も楽しみです」(同)

註1:全角数字を半角にするなど、引用に際してはデイリー新潮の表記法に合わせた。

デイリー新潮取材班

2021年2月24日 掲載